nam

ターミネーター2のnamのレビュー・感想・評価

ターミネーター2(1991年製作の映画)
4.3
「スケールアップしたアクションと深みを増したドラマ」

やっぱり名作だなー。
初めて観たのは小学校くらいとかでしょうがその時のワクワクは今も健在でした。

1と比較すると予算が640万ドルから1億ドルに上がったので、アクションのスケールが凄まじい!タンクローリーとバイクのチェイスや液体金属のCGなどド派手すぎました。やっぱり1番のインパクトは液体金属のターミネーターT1000のビジュアル的なインパクトと恐怖でしょうね。T800も怖かったですがそれを凌駕する恐ろしさがありました。

さらにストーリー的には「逃げる者」と「追う者」がいて「守る者」というシリーズ共通のシンプルな構成は1と同じにも関わらず、前作の敵が守ってくれるという味方に回った時の安心感、そして今度は機械と少年の心の交流や友情という要素やサラも含めた家族愛のストーリーにまで昇華させるパワーアップぶりはさすがで、無骨だったロボットにラストでは感動までさせられるなんて!

複雑なストーリでもないのにそのシンプルだけど深みのあるストーリーと心踊るアクションシーンの詰まったやはり不朽の名作。

さぁ3以降は観てないが正統続編と謳う「ニューフェイト」観に行こう