さうすぽー

ターミネーター2のさうすぽーのレビュー・感想・評価

ターミネーター2(1991年製作の映画)
4.6
自己満足点 90点

デデンデンデデン!♪ デデンデンデデン!♪

先週オンエアされ、録画したやつを今更ながら観ました。
ターミネーターのシリーズは1、2、3と新起動を観てましたが、どれも1回しか観たことがありません。
面白い今作の2と1の内容は覚えてますが、それ以外はつまらなかったので全然覚えてないです。

よくターミネーターは1よりも2の方が傑作と言いますが、僕も同感です!
そして今回初めて見直しましたが、やはり傑作という事を証明してくれたと思います。

今回観て思ったのは、シュワちゃんは今まで観た中で一番のはまり役だということです。
自分は今まで「トータル・リコール」や「コマンドー」、「エクスペンダブルズ」等を観てきましたが、それでも一番役にはまってるのはターミネーターのT-800だと思います。
彼は正直演技自体はあまり上手いと思えないです。
しかし今作は人間ではなくサイボーグなので、感情的な演技が苦手な分この人間味の無いキャラクターが合ってるのだと思います(笑)

また、前作ではサラ・コナーがシュワちゃんに襲われるスリラーであり、追われるサラ・コナーの成長物語でしたが、今回はシュワちゃんが人間らしさを覚える感動があります。
サラ・コナー自身も家族や自分の境遇に視点が当てられていて素晴らしい!
また、アクション要素も製作費が上がってよりド派手でより迫力があるものに仕上がっていて圧巻です!
ラストの車とヘリのシーンなんてどうやって撮ったのでしょうか、凄すぎます!(^_^;)

また、今回からの悪役は液体金属が元の形に戻って再生するという斬新かつ無敵すぎる能力が備われたということで、より不気味になって、より最強になったのも利点です。
調べたところによると、撃たれた時の金属の破片は小道具だったみたいです。
CGにかなり近いその完成度は素晴らしいです。
最初観たときはとてつもない衝撃を受けました!

そして、やはり1と2は核戦争を匂わせる「運命の日」という重厚な設定があり、深みがあって面白い!
ですが、3以降はどうしてあんな感じになってしまったのでしょうか...

前作は前作で面白いですが、2の方が迫力があり感動があります!

さて、そんなターミネーター2の「正統派の続編」も言われてる「ニューフェイト」がどうなるかが気になります。