ターミネーター2の作品情報・感想・評価

ターミネーター21991年製作の映画)

Terminator 2: Judgment Day

上映日:1991年08月24日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ターミネーター2」に投稿された感想・評価

KUNI

KUNIの感想・評価

4.8
なんやったらニューフェイトより、面白かったかも。
金盗むクソガキのイメージが途中らへんから、いい奴で、ターミネーターに人殺すなって。
前作を見ずに新作を観たので、あれだけ苦労して守ったのに、始まって1分でああなるんすね笑

サングラスにショットガンであのガタイは惚れます。
chouchou

chouchouの感想・評価

4.8
Hasta la vista, baby.

ちょっと言ってみたいもん、このセリフ。

観たかったの!花束からのショットガン!
それに、くるくる回して撃つの、何あれカッコいい~!
ニュー・フェイトのために観始めたシリーズだったけど、これもう名作!

前作ではサラ・コナーを抹殺するために現れたターミネーターが、今回は味方として再び未来から送られてきました。

あれから10年、ピンクのフリフリのウェイトレス姿だったサラがバッキバキになって銃をブッ放すまでに!
リンダ・ハミルトンと警備員のおじさん、それぞれ双子に出演してもらったシーンがあって、CGじゃないってことにビックリしました。

そしてイケメン息子、ジョン・コナー! あのアシンメトリーな髪型で振り返るジョンにハートを射ぬかれたのは日本の女子だけではないはず。

今回、そんなイケメン息子を抹殺するために現れたT-1000、彼、最強ですね。最新型なだけあって、T-800よりも対人スキルは高いし、撃っても元通りだし、あのフォームで走って追いかけられたら撒く自信ないし。

号泣してしまったラスト、すごく良かったです。これからどうやって繋げるんだろう。
2がやっぱり一番好き。ジョンコナーいけめんかよ。
ターミネーターシリーズって水戸黄門と一緒だな。物語の展開が同じなのでちょっと安心する。
ニューフェイト観てからの再鑑賞。
小さい頃観た時T-1000がトラウマだったの覚えてる!
何回観ても面白いし、名作はなん度観てもいい飽きがこない。
ニューフェイトは賛否両論に別れるけど、2からしっかり繋がってるしどっちも好き
シュワちゃん全盛期かっこよすぎ
NO Fateってサラが書いてた所で、Fateってターミネーターの中でもとても重みのある言葉じゃないかなって思った。
槿

槿の感想・評価

5.0
久々に鑑賞したが、やはり良い。
最後のシーンは涙なしには見られない。
地上波放送だから仕方ないとはいえ、カットが多かったことが少しショック…。
1とは別物すぎてびびった。
圧倒的名作

アスタラビスタ ベイビー👶
「泣く時の気持ちが分かったよ。泣く事はできないがね」
既に2回ぐらい見てますが先週の地上波放送を見逃してしまったので、ニューフェイトを見る前にアマゾンプライムで字幕版を見ました。
SFアクション映画の文句無しの最高傑作の一つです!前作で敵だったターミネーターが味方になるという熱い展開。ジョンコナーのイケメン美少年っぷり。CGだからこそ表現できた液体金属で構成されたT1000の強さと不気味な恐ろしさ。戦う女性になったサラのカッコよさ。殺害数0のガトリング砲撃。そして名シーンすぎて近年ではネタにされていますが、やはり胸が熱くなるラストシーン!全てが最高の一言です!
つちだ

つちだの感想・評価

5.0
人生で何回みてるんですか????って感じですがニューフェイト鑑賞前に予習

なぜか何回みても違った感情が生まれるというか新たな気づきがあるというか、、、
改めてこんなにボブおじさんとジョン・コナーの絆に感動したのは初めてかも
人間味溢れてくるT-800が可愛すぎる🤖🔥🔥🔥👍🏼
予習で前作の1も見た直後だったからそのギャップにもやられたのかもなぁ

T-1000の完璧なまでの悪役っぷりもたまらんンンンンン👮🏻🚓🚨

何回みても1番興奮するのはやっぱり序盤のシュワとパトリックがゲーセンで対峙するシーン🥀
アドレナリンぶァァァァ上がる

エドワードファーロング天使かな???
donguri

donguriの感想・評価

3.7
91年のターミネーター第2弾。
色々な意味で前作をスケールアップした作品。
確かに映像もアクションも進化していますが個人的には色々突っ込みどころがありすぎる感じで、前作の方がストーリー的には好きです。

少し遅くなりましたが新作のニュー・フェイトは映画館に観に行こうと思ってます^ ^
けい

けいの感想・評価

4.8
映像技術、どんでん返しのタイミングと回数、散りばめられた普遍的なヒューマニズム、超未来型でありつつ所詮は鉄!みたいな親しみやすさ、どれをとっても革新的。全人類がヤられた!と思ったことでしょう。

他の全てのターミネーターシリーズと、この2と1が名作たる違いは、圧倒的に視聴者と映画の時代背景が同じで超現実的に感じられるからではないでしょうか!
他のはスペーシーで未来的過ぎて、いわゆる数ある優れたSF映画にも勝るわけでもなく、微妙な立ち位置の映画として埋没してしまったように思うのよね。
>|