広島カップ

無法松の一生の広島カップのレビュー・感想・評価

無法松の一生(1943年製作の映画)
4.5
街中で小学校の運動会が行われているのをたまに目にすると、どうしてもこの映画が脳裏に浮かんできます。
家族でもない松五郎と坊の楽しく幸せな時間、日本映画に登場する運動会では出色ではないでしょうか。
話しは明治時代です。明治の日本人の心の有り様が、なぜ昭和生まれの私の琴線に触れるのでしょうか。
恋心を正直に言いたくても言えないで死んでいく姿に、胸に熱いものが込み上げます。
日本人の心の奥底に通底する何かに感じるのでしょうか?
こういった男の生き方、平成生まれの人達はどの様に感じるのでしょうか?