まるちよ

ジェイコブス・ラダーのまるちよのレビュー・感想・評価

ジェイコブス・ラダー(1990年製作の映画)
3.8
ベトナム戦争で色々壊れちゃった人が苦悩する話。オチは違うけど。
サイレントヒルがこの映画に影響されたってのが納得の表現がずらり。
日常から突如非日常に変わる演出が、サイレントヒルみたいに演出がかってないから余計に怖い。
時系列やシーンの変化が単純な記憶や苦悩というだけじゃなくて、実際に過去の走馬灯を垣間見ているという事に気付いてようやく映画のオチが分かった。
ベトナム戦争で心に傷を負った人にクローズアップした単純な話ではなくて、切り口が面白い映画。

恐怖シーンで特に有名な、いつの間にか廃病院みたいなところにストレッチャーで連れていかれるシーンは何度見ても本当に気持ち悪い。千切れた手足が山積みになってたり、良く見ると結構グロかった。

久しぶりに見返して気づいたけど、長男の役をデビュー前のマコーレ・カルキンがやっててすっごい可愛かった。