王甘

チャイナタウンの王甘のレビュー・感想・評価

チャイナタウン(1974年製作の映画)
4.0
ファムファタールをファムファタールたらしめた理由が事を複雑にし、ただ真実に辿り着いた主人公も、その世界を外から観る我々と同様、傍観者になる他ない。それがあのラストシーンの引きの画であり、重い雰囲気を漂わせているのである。

とただ説明的にしか言えないほどまさに色褪せぬフィルムノアールの傑作。

フィルムノアールの作品にしては、ジャックニコルソン演じる主人公の私立探偵は「翻弄されそう感」が出てなくて僕は好きでした。女々しくないから。
主人公がこうだったからまさに閉塞感(つまり「フィルムノアール」感)が出せたんだと思う。つまり閉塞感ってどこにも抜け穴がないってことじゃないですか。黒幕によって築かれた大きな闇を裂くことのできる唯一の存在である主人公が女々しくないっていうのは、つまりなんとかしてくれそうだしそういう意思もある男気溢れる人物なのに、立ちはだかる壁がそれ以上ってことですよね。雑魚だから何もできないんじゃなくて。その点がジェームズスチュワートと違う………