だりあ

チャイナタウンのだりあのレビュー・感想・評価

チャイナタウン(1974年製作の映画)
4.1
1970年代の水源にまつわる利権を巡り
殺人事件に巻き込まれる私立探偵の物語。

これも脚本を参考にするべく鑑賞したが、
圧巻。
複雑な人間模様と謎に包まれた事件、
ギテスの鋭さと激しいバイオレンスシーン
に描写。語るより見せていく人物像。
撮影直前まで決まらなかった結末が
この形になった衝撃的なラスト。
あまりにも事件背景が生々しく難解で
あったが、描写が語るとはこういう事か、
と感心しきりであった。

ただ、この終わり方個人的に
好きにはなれない…。