打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?の作品情報・感想・評価

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」に投稿された感想・評価

子供の発想って馬鹿にできない。今の社会は子供達だけで遊びに行くのも心配で過保護になりがちだけど本当はこれくらい自由に色々経験させてあげたい。馬鹿みたいなこと考えたり行動したりして楽しそうだった。花火シーン見て、自分も子供の頃によくわからないはしごのかかった建物に登って寄り道してたのを思い出した。
主役の山崎裕太は舞台見に行ったことあるくらい結構好きな俳優なんだけどこの頃のカスレ声がいい味出してる。子役の時こんな猿みたいだったのに今はイケメンやし顏変わるなーって思うと自分の子供の将来にもやや期待w
奥菜恵に関しては子供なのにすでに垢抜けていてプールシーンでは人魚か?と思うほど美しかった。しかも考え方もマセてる。こんな子供いたらクラスでも浮きまくりだろうな。
短い映画だから時間ない時に見れるうえ、内容も良かったからオススメです。特に大きな衝撃がある作品ではないものの、最後泣きそうになったのはなぜだろう。挿入歌も良かった。
jam

jamの感想・評価

4.3
プロットが簡単で雰囲気が好き。美しい。数回味わう価値がある。
いりこ

いりこの感想・評価

3.5
またモテキ見たくなった(分かる人には分かる)
kakki

kakkiの感想・評価

3.7
松田聖子
カラーへのこだわりやライト、ブラーからは岩井俊二を感じた
印象的なシーンでカメラを震えさせるのもこの頃からやってたのね。
90年代邦画特有の、真っ黄色なグラウンドの砂が閉口ものだが、このへんは当時の流行やソフトが原因なんだろうか。全体的にほんのわずかだがギラつきすぎ。


ifていうお題から引っ張って来た内容としてはいい主題を選べてたと思う
子供のころはよく、「あの時、ああしていれば」って妄想をした気がする。(大人になるに連れて随分と減ったが。)
ただ、岩井独特の感傷的な痛々さがあって良いんだけど、その主題が表現というか形式に現れてないんだよね。
妄想パートが底抜けに美しいのは構わないけど、現実パートと妄想パートのメリハリがなさ過ぎる。これじゃ単なるひと夏の思い出に過ぎない。もっと現実の部分と妄想の部分の表現の差に気を使った方が深みのある映像に出来たのでは。

他の岩井作品にあるとてつもない魅力は感じなかった。予算や企画など、背景を知らないのでなんとも言えないがかなり荒削りな作品という印象。
ただ、全体や所々からは岩井俊二のやりたい世界が見えたし、若いうちからこういう芯のあるものを作れる人間が大成していくんだろう。見習いたい。


子役の演技はしんど過ぎてほんま無理
主演の女の子の秘める魅力を引き出すために作られたような脚本や演出。


他のレビューでホラーみたいと批判されてるけど、奥菜恵が演じる少女だけが異質で美しのは当然で。彼女に片思いしてた典道から見た物語なのだから。
Youtuki

Youtukiの感想・評価

3.1
岩井俊二嫌いなんですがね、これめっちゃ面白かったんですがね、って話。

10歳の娘と鑑賞。理由はアニメ版を見たいけどネトフリにはこれしかなかったから、で。結果こちらで大満足でした。

映像の節々に変な狂気を感じます。それが時代の流行だったのか、そういう作風にあえて撮ってたのか真意は知りませんが、とにかくどこかホラーちっく。話は全くホラーじゃないし、岩井俊二だしなのに。不思議。

奥菜恵が小学生にしてはセクシーすぎる。こんなん夜出歩いてたら速攻襲われるで。しかしこの奥菜恵と他小学生とのギャップ(見た目も中身も)が狂気を感じんのかな、なぜこの配役にしたのか。奥菜恵推しである以外の理由であればこれは確実にホラー作品だと思う。
TASO

TASOの感想・評価

-
アニメ版観てないですが、子役の台詞やら行動やら、なんともリアルで絶妙なものばかりでした。
HANNY

HANNYの感想・評価

4.0
「16歳に、見える?」 の奥菜恵さん最高ですね。45分間微睡んだ理性の向こうにとらわれたままでした。
KIRYU

KIRYUの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

奥菜恵の子供とは思えない魅力が印象的。
おそらくもう二度と会うことはないかもしれないのに「次会うのは二学期だね、楽しみだね」と笑顔で言うのが切ない。切符を買わなかった所で色々なことを考えて諦めてしまったのかな。

もう一方の男友達との約束もそれはそれでひと夏の思い出になるし、忘れないと思う。
きっとどちらも青春で花火みたいに下でも横でも同じように輝いて見えるっていうことかも。
Sasuke

Sasukeの感想・評価

4.0
岩井俊二-大人になるまで子供の頃の感覚を大事にしまっておいて作品化された映画は特別。
奥名恵-人を狂わせる美しさってこういうことか。
>|