打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?の作品情報・感想・評価

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」に投稿された感想・評価

子供の発想って馬鹿にできない。今の社会は子供達だけで遊びに行くのも心配で過保護になりがちだけど本当はこれくらい自由に色々経験させてあげたい。馬鹿みたいなこと考えたり行動したりして楽しそうだった。花火シーン見て、自分も子供の頃によくわからないはしごのかかった建物に登って寄り道してたのを思い出した。
主役の山崎裕太は舞台見に行ったことあるくらい結構好きな俳優なんだけどこの頃のカスレ声がいい味出してる。子役の時こんな猿みたいだったのに今はイケメンやし顏変わるなーって思うと自分の子供の将来にもやや期待w
奥菜恵に関しては子供なのにすでに垢抜けていてプールシーンでは人魚か?と思うほど美しかった。しかも考え方もマセてる。こんな子供いたらクラスでも浮きまくりだろうな。
短い映画だから時間ない時に見れるうえ、内容も良かったからオススメです。特に大きな衝撃がある作品ではないものの、最後泣きそうになったのはなぜだろう。挿入歌も良かった。
yuum

yuumの感想・評価

3.3
小学生に戻りた 今度は男子やってみたい
牛丼狂

牛丼狂の感想・評価

4.5
3年ぶりに鑑賞した。奥菜恵の印象ばかりが先行していたがそれ以外も精巧に作られている。カメラワークや音響設計の緻密さ大胆さといった演出面、あまりにも自然な演技面のほか、脚本が完璧であると思った。
人物像が短い言動で端的に細部まで描かれている。いつまでも人物像を描き切れずに登場人物たちが動き出せないというものではなく、登場人物たちが動き出すことで人物像が浮かび上がるようになっている。要するに作品において登場人物がその世界を生きているのである。
どの人物も見ていてイライラするような余計なもどかしさがなくスカッとさせてくれる。気持ちがいい。その気持ちよさは構成にも表れている。
花火大会当日の小学生たちというひとことでまとめられる大枠をここまで掘り下げた挙句、最後に一発ドカンとやって潔くエンドロールが流れるのがクールだ。
アニメ化されて話題になった岩井俊二の初期の作品。
青春のどきどき感もあり、SFチックなギミックもありおもしろかった。
岩井俊二の作品はどれも、劇中の音楽が上手くあっているし、絵がとても綺麗な撮り方をしてるしでとにかく印象に残るシーンが多い。だから、またみたくなるんだろうな。
yoshiki

yoshikiの感想・評価

4.6
日本の映像作品でもトップに好きな名作!

大人にならざるを得なかったなずな
セリフや仕草の一つ一つが本当に切ない

夜のプールのシーン
レーンのように決して交われない2人、そこであのセリフ!
ホントに切ない極まってる

ドラマ版はホントに名作なので、アニメでウンザリした人にも見て欲しい
奥菜恵の透明感、そして小学生男女の成長の差。
ronji

ronjiの感想・評価

-
意味のある無意味な挑戦。

友達と過ごしても、女の子と2人で過ごしても、得るものしかない、あの年代の花火大会と女子の気持ちを理解しきれない男子の可愛らしさが、綺麗に表現されてる。

夏休みの40日は、短く感じるのに、歩いて2時間の距離が途方もなく長く感じる、あの感覚が懐かしい。

「夏の花火大会」と「裏山のエロ本」は、誰しもが経験する大人への階段。
子供向け。スタンドバイミー的で映像も子供も自然な感じだった。そして奥菜恵が美少女。
自然すぎる。
不自然なぐらいに自然すぎる作品
>|