打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?の作品情報・感想・評価・動画配信

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?1993年製作の映画)

上映日:1995年08月12日

製作国:

上映時間:45分

ジャンル:

3.7

「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」に投稿された感想・評価

アニメ版を観た勢いで再鑑賞。
ずいぶん昔に観たため細部を忘れていたが、アニメ版が意外と忠実だったことに気づいた(ストーリーだけでなく台詞や構図など)。
やはりアニメ版と決定的に異なるのは主人公が小学生であるということと、奥菜恵の神がかった美少女ぶりだ。
幼い小学生男子、おませな小学生女子、花火大会、深夜のプール…エモッ!
sakidai

sakidaiの感想・評価

3.9
夏の田舎の良さをめちゃ引き出してるな
脚本がうまいんだろうなー。なんとなくの話知ってるのに勢いで最後まで持ってかれた。恋の話という体裁を崩さないまま幽霊譚の磁場に引きずり込まれてる。奥菜恵がボヤけた水面に溶け込む、これしかない感。

山崎裕太の表情もよすぎる。私はマーキュリー派です。49分で740カット。
u

uの感想・評価

-
2017.8.6
こす

こすの感想・評価

3.8
打ち上げ花火はどこから見ても丸いっていうだけなんたけど、見終わった後、自分の子供時代の感情がじわ〜っと蘇ってくるような感じ。
奥菜恵がかわいすぎるし、ちょうど子供から少しずつ大人になっていく最初の絶妙なライン。山崎裕太はまだまだあどけなさがあって女子の方が少し成長が早かったなあと思い出しました。
瑞々しくて甘酸っぱくてノスタルジック。

あのころはとにかく今を生きてたなあ、と色々思い出しました。
ここ

ここの感想・評価

-
自分が生まれるよりも前の作品だけど、小学生の時の夏休みの昼ドラのような雰囲気(めっちゃ良い意味で) このギュッとした感じや平成感?宝物のようなキラキラした感覚だよね。音楽も全て。女の子可愛すぎな。
MAH

MAHの感想・評価

3.9
Loveletter以来の岩井監督
胸の中のムズムズ感
ノスタルジーな感じ
好きな人を取るのか 友達を取るのか
どっちも大切だし、こういった行事に遭遇するときが多いからすごく迷う
花火大会行きたかったなあ
今度会うの二学期だね って言いたい
なんかいいなあ文学的だなあいいなあ
好きです
また、夏の終わりくらいにみたい
たける

たけるの感想・評価

4.0
わしづかみにされた...
見始めたときは「あー想像以上に古臭いな、失敗したかな」と思ったけど、子どもの演技がめちゃめちゃ良いし、プール、日焼けした肌、夕焼けの演出、ノスタルジーが爆発してた。

奥菜恵の魅力は言うまでもない。

音楽もさりげなくて、良かった。。
K

Kの感想・評価

3.3
劇中と同じ時代に少年時代を生きた自分にとっては、一瞬で昔に帰れる魔法の時間をくれる映画。
tktk

tktkの感想・評価

3.7
2020/04/02
>|