まつこ

過去のない男のまつこのレビュー・感想・評価

過去のない男(2002年製作の映画)
3.7
淡々としているけど優しくて、ささやかな幸せを大切にしたいと思わせてくれる作品。年を重ねてまた観たい。きっと今より愛おしい作品になりそうだ。

『この世では神の慈悲ではなく自力で生きなければ。』と言うセリフに胸が熱くなった。
劇中の人々は恵まれているとは言えないけどみんな前向きで日常の幸せを大切に丁寧に感じている。〝自分の力を信じて頑張ろう〟とちょっと力を分けてもらえた気がした。

劇中歌がどれも良い。
酒と寿司とクレイジーケンバンドには少し笑ってしまったけど。

エンドロールのmarko haavisto& Poutahaukat の『stay』が優しくて、せつなくて、映画の内容に合っていてとても響いた。

〝現実を見ると
良くないことを知っている
でも逃げても何も変わらない
愛する人が傍にいれば
きっと上手くいく
だから僕の傍にいて
お願いだから…〟

そんな歌を噛み締めて今日も小さな幸せを抱きしめたい。

『人生は前にしか進まない』のだから。