iro

レオン 完全版のiroのレビュー・感想・評価

レオン 完全版(1994年製作の映画)
4.5
日本公開時のキャッチコピーは、「凶暴な純愛」というものだったらしいですが、これは言い得て妙、的確に映画の世界観を表していると思います。

ナタリー・ポートマンの瑞々しくも大人びた雰囲気(マドンナ等の物真似をするあの場面は個人的にとても好きです)、ジャン・レノの寡黙で包容力のある存在感。このバディの魅力は、正に唯一無二。

友人でもなく、家族でもなく、恋人でもない。だけど孤独しか知らなかった者同士、精神的には強く結ばれている。この絆は、なかなか簡単には言葉で表現できない。でもやっぱり、ある種の「愛」だというのは間違いないと思う。

ヤク中の冷酷非道な人物を演じるゲイリー・オールドマンも凄い!の一言。意外な正体が分かった時の驚きも大きく、これぞ悪役、という立ち回り。最後にレオンから受け取る〝プレゼント〟も、なかなか刺激的でした。

ラストのシーンは、哀しさと自分の意思で選んだ未来が溶け合った、とても印象深い場面。先のキャッチコピーには、「刹那の幸せ」という文言を、個人的には付け加えたいなと思います。