unO

レオン 完全版のunOのレビュー・感想・評価

レオン 完全版(1994年製作の映画)
3.0
ニューヨークに住むイタリア系移民で、マフィアのトニーからの依頼を黙々と遂行する殺し屋レオンが、アパートに住む隣人一家が麻薬取締局刑事で密かに麻薬販売を行うスタンスフィールドにより惨殺された際に唯一生き残った少女マチルダを匿い、親子とも恋人ともとれない複雑な関係を築く様を描いたリュック・ベッソン監督作品です。

『ニキータ』で世界的に注目されたリュック・ベッソンの初のハリウッド監督作品であり、主演のジャン・レノとナタリー・ポートマンの出世作ともなった大ヒット映画で、『うさぎドロップ』の前半と後半をかき混ぜた下地にバイオレンス要素を振りかけてロマンティズムでコーティングして仕上げた『ニキータ』を上回る歪な物語です。

お話のプロットそのものは一歩踏み誤れば歪んだ支配的性欲求を満たすだけのものに転落しそうなところを、ジャン・レノの節度とナタリー・ポートマンの気品とゲイリー・オールドマンのサイコパスという演技のアンサンブルにより、ギリギリこの危ない綱渡りを渡り切っています。ある意味『カイジ』並みのスリルのある一作です。