レオン/完全版の作品情報・感想・評価

「レオン/完全版」に投稿された感想・評価

「レオン 完全版」
1996年公開 アメリカ作品 2016-144
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング3位 再鑑賞

スコアは「レオン」に記入。

やはりこの作品が my most favorite movies ですね!
リュック・ベッソン作品の中でも究極的に素晴らしい作品です。
ジャン・レノ演じる不器用な殺し屋レオンとナタリー・ポートマン演じる大人びた少女マチルダのプラトニックな純愛をとその悲しい結末を描いた“名作”、涙なしでは観れません!
本作がデビュー作とは思えない演技力を発揮しているナタリー・ポートマンの大人びた表情やしぐさと多面性のあるキャラクターが魅力的で独特の存在感を出しています。またマチルダとは正反対に殺し屋という冷酷な仕事をしながらも純粋な一面を持つレオンのギャップあるキャラクターもまた魅力的。
さらにゲイリー・オールドマンが演じたマチルダの仇であるスタンスフィールドの、常にドラッグでぶっ飛んでいて、これこそ悪役というポジションも素晴らしく、それぞれの個性がお互いを対比させ特徴づける素晴らしい演出です。
レオンに説得されて涙を流しながら別れを決意するマチルダのシーンやラストでマチルダが寄宿舎の庭にレオンの残した鉢植えを植えるシーンは、涙無くしては見る事ができません。
スティングの『レオン』のエンディングは語り継がれる映画にふさわしいものだと思います。

リュック・ベッソン監督作品「レオン」に、22分の未公開映像を加えた完全版。舞台はニューヨーク。少女マチルダを演じるのは、オーディションで選ばれ、本作が映画初出演となったナタリー・ポートマン。また、寡黙な凄腕の殺し屋レオンをベッソン作品おなじみのジャン・レノが演じている。
Yukinny

Yukinnyの感想・評価

4.0
最初から最後まで惹きつけられる映画。

描写が繊細。
テーマが愛と死なんだなってよく分かる。

語りが少ないっていう意見もあるけど、抽象的なテーマを昇華させるにはこれで良かったと思う。

マチルダ完璧だった。。
そしてレオン紳士。
この2人の年齢と性格のちぐはぐが魅力を引き立ててた。
Mar

Marの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

すごく良かった。

やっぱり
レオンが凄く渋い。
服装も何故か惹かれるし、
やる事なす事全てカッコいい。
だけどマチルダと居る時は少し可愛い面もあるのでそのギャップがとても良かった。

2人の恋愛はとても素敵でした。
年齢差とか全く感じなかった。
マチルダは中々積極的やったけど、レオンもマチルダへの想いがダダ漏れで可愛かった。

だけど、
自分を犠牲にして復讐を遂げるラストはかなり辛い。
生きていて欲しかった。
最後のスローになったところ、
「気づけ!気づけ!」ってめっちゃ願ったのに。
マチルダと大地に根を張って欲しかった。あと一歩。
マチルダが再び1人になってしまうと思うと…。

感情移入したら最後に死んでまう映画。
ぴす子

ぴす子の感想・評価

3.7
なんとなく最後が、、、ってなる。
レオンかっこよすぎるそしてマチルダが可愛すぎる、、
ふー

ふーの感想・評価

-
マチルダが最高にかわいい!見た目も中身もとっても好き!

おじさんと女の子の組み合わせがもともと好きっていうのもあるんだけどおじさん側が不器用なのがさらにいい
あの2人の持ち物にそれぞれ意味があるようでいろいろ考えるのが楽しい

最後マチルダがしたことは本当に素敵だ…
あとマチルダの贈り物も好き
kuri1001

kuri1001の感想・評価

4.0
名作やね。
紬

紬の感想・評価

3.6
自分の理解力や想像力がないためか評判ほど満足感を得られなかった。
この作品が何よりも1番好きだと言う映画が大好きな友人に勧められたのだが残念。

なぜ2人が心を寄せ合ったのか、突き放せないのか、そういった描写があればわたしにも理解できたかな……
Yotaro

Yotaroの感想・評価

4.0
マチルダかわええ
>|