レオン/完全版の作品情報・感想・評価

レオン/完全版1994年製作の映画)

LEON

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.3

「レオン/完全版」に投稿された感想・評価

「レオン 完全版」
1996年公開 アメリカ作品 2016-144
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1990年代ランキング3位 再鑑賞

スコアは「レオン」に記入。

やはりこの作品が my most favorite movies ですね!
リュック・ベッソン作品の中でも究極的に素晴らしい作品です。
ジャン・レノ演じる不器用な殺し屋レオンとナタリー・ポートマン演じる大人びた少女マチルダのプラトニックな純愛をとその悲しい結末を描いた“名作”、涙なしでは観れません!
本作がデビュー作とは思えない演技力を発揮しているナタリー・ポートマンの大人びた表情やしぐさと多面性のあるキャラクターが魅力的で独特の存在感を出しています。またマチルダとは正反対に殺し屋という冷酷な仕事をしながらも純粋な一面を持つレオンのギャップあるキャラクターもまた魅力的。
さらにゲイリー・オールドマンが演じたマチルダの仇であるスタンスフィールドの、常にドラッグでぶっ飛んでいて、これこそ悪役というポジションも素晴らしく、それぞれの個性がお互いを対比させ特徴づける素晴らしい演出です。
レオンに説得されて涙を流しながら別れを決意するマチルダのシーンやラストでマチルダが寄宿舎の庭にレオンの残した鉢植えを植えるシーンは、涙無くしては見る事ができません。
スティングの『レオン』のエンディングは語り継がれる映画にふさわしいものだと思います。

リュック・ベッソン監督作品「レオン」に、22分の未公開映像を加えた完全版。舞台はニューヨーク。少女マチルダを演じるのは、オーディションで選ばれ、本作が映画初出演となったナタリー・ポートマン。また、寡黙な凄腕の殺し屋レオンをベッソン作品おなじみのジャン・レノが演じている。
ogu

oguの感想・評価

4.6
だんだん人間の心を取り戻しながらマチルダに惚れ込んでいくレオンがかわいい
その分最後切ない
EMIKA

EMIKAの感想・評価

3.0
こんな愛のかたちもあるんだと考えさせられた。
久しぶりに見たら大号泣してしまった。
それにしてもナタリーポートマン幼少期から完璧すぎる
Takahiro

Takahiroの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

殺し屋レオンと家族を殺されてレオンと共に行動することになったマチルダ

結果としてマチルダの復讐に巻き込まれてレオンが死ぬまでのストーリー。

愛あり、笑いあり、スリルありの大好きなタイプの映画で大満足でした。

レオンもマチルダもキャラが立ってる。
とくにマチルダの素直で聡明なキャラが良い。
音楽やカメラワークもとても素敵だと思いました!
通常盤みて良くて完全版鑑賞。
マチルダの魅力は完全版を見た方が伝わる。12歳だけど大人。
通常盤は、家族愛、完全版は純愛。
関係性の見え方が違う。
レオンの優しさと残酷さ。
こりゃ、傑作ですわ。
こうじ

こうじの感想・評価

4.0
ナタリー・ポートマンがただただ可愛い、そして子供なのに大人である。
はじめから終わりまで程よい緊張感と展開の早さでみやすさは抜群。俺も「掃除屋」をめざしてみようかな。
たらこ

たらこの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

どんな運命が待っていようと 会うべき2人が会えて本当に本当に良かった

悲しい結末だけれども エンドロールを見終わると この一言しかでてこなかった...

映画自体が 外ではきちっとした身なりで無駄がなくそつなくきっちり仕事を決め 家に帰ると友人を日の光に当て 女子供は殺さない 牛乳をゴクゴク飲んで 義に熱い 優しいレオンのよう....

その映画を背景に マチルダが見せる表情 言動 行動に目が離せなくなりました...
YOSHIKI

YOSHIKIの感想・評価

4.3
殺し屋と家族が殺されてしまった少女の物語。
ナタリーポートマンが酒飲んで爆笑するシーンはvery good!
>|