naninalu

パッションのnaninaluのレビュー・感想・評価

パッション(2004年製作の映画)
4.8
こんなに体力を要する映画を初めて見ました…

信者じゃないのですがミッション系の学校に通っていた(現在もですが)とあり嫌という程学んできたキリストの最期です。

昔はなんの気もなしに聖書を朗読していましたが、時が経つにつれこの箇所は重たく感じます。

この映画ではマリアの登場回数が多い。

聖書では処刑される最期に十字架に貼り付けられた瞬間を遠くで見守る様子しかマリアの登場はありません。

しかし、この映画ではイエスが苦難に逢い心折れそうになった時はマリアを見、そしてその存在によって立ち上がり受難に立ち向かいます。イエスのみならず、母マリアの存在の大きさを感じます。

「我が肉体から生まれ
我が思いをかけた すべて
息子よ
あなたと共に死なせて」

言葉を見るだけではいまいちピンと来ませんが、最後にマリアが言うシーンは見ていると本当に切ない。

敬虔なクリスチャンがショック死するのも納得です。

信者じゃなくとも信仰心の欠片がなくとも、世界で一番信者が多いとされるキリスト教をより知りたいと思いました。