パッションの作品情報・感想・評価

「パッション」に投稿された感想・評価

shalanla

shalanlaの感想・評価

5.0
彫り師の姉さんが
「これすっごい観に行きたいの」と言っていたのを思い出して
なんとなく観た映画。


いやぁ…
こんな、なんとなくで観ちゃいけない映画だよ。

ミッション系の学校で育った私には
知っていて当然の話だったけど
それでも観ていて辛い。。。


キリストがなぜあんな風に貼り付けにされているのかがわかる映画。

聖書の一部を分かりやすくしたような話です。


心が抉られます。
NAO

NAOの感想・評価

4.9
これは情熱ではなくて、受難だそうだ。
もうこの間読んだヨハネのラストが具現化されてて。
メルギブソン監督に感謝。
彼は私財27億円だして構想12年。
全ての言葉が当時の言葉でラテン語ローマ人(ヘブライ語)とアラム語ユダヤ人。字幕が英語だったけど、なんかイエシュアという言葉やら、言葉がとても心地よくて。なんか知ってる気がした。
そしてイエス様のあの薄い茶色の瞳が印象的で。
マリヤもイメージ通り。
素晴らしいヨハネの演技とハリポタのスネイプはここからかと言うようなサタンのカオ。
イエス様の隣にはヨハネとユダ。

このタイミングでこれを見せてくれたことに感謝します。


昨日みた3度目の殺人でも出てきた十字架。
今日近くの教会のメッセージも十字架の同じ箇所に変わって居た。たくさんシンクロ。
アーメン。
Rei

Reiの感想・評価

2.5
記録
fumi

fumiの感想・評価

4.0
再観
最近、西洋絵画 宗教画 宗教についての本を読んでたので観直してみた。

描き方が過剰ではあると思うけど、キリストの教えである 赦し についての思いを強く描きたかったのかなと思う。

確かに傷付くことや痛みを知らなかったら、知らずに傷つけてしまうこともある。
それを赦すこと、自分自身を愛するように隣人も愛する。
というキリストの教えは日々心掛けようと思う。
クリスチャンじゃないけど。人として。

宗教なんて日々の生活の基準となることを語っているわけだから、信仰深い事が悪い訳じゃないと思うよね。
KK

KKの感想・評価

3.8
世界一売れている本は聖書らしい

今まで聖書はちゃんと読んだことないし内容も曖昧にしか知らない。

しかし、キリストがユダに銀貨30枚で裏切られ、十字架を背負ってゴルゴダの丘を登り、腹に穴が開けられることだけは知っていた

最低限それぐらいの知識があればどういう話かは分かる。というかそれが全て

それを映像化するとこんなにも辛いものになるのか

キリストの鞭打ちのシーンがとにかくエグい。
何より、兵士たちがそれを笑って行っているのに狂気と恐怖を感じた

人には勧めづらいけど、キリスト教に興味ある人にはオススメかも
映画の良い悪いは正直よく分からないがとにかく衝撃作

キリスト教に興味ある人は「聖おにいさん」って漫画読んで欲しい!
めちゃめちゃ面白いし、かなり聖書に準じたギャグ漫画

これを読んでから『パッション』見るといいかも笑
maya

mayaの感想・評価

3.0
クリスチャンじゃないので、細かい事はわからないけど、痛そうしかない

やはり1番怖いのは人間だよね


映像が古いし、歴史の勉強してる気分になって、昔学校の歴史の授業でみたモーゼの十戒とか思い出した
>|