Ricola

ワン、ツー、スリー/ラブハント作戦のRicolaのレビュー・感想・評価

4.1
超ハイテンポでドタバタ(特に後半)なブラックコメディ。

舞台は西ドイツ、ベルリンのコカコーラ社。そこで支社長をつとめるマクナマラ氏(ジェームズ・キャグニー)は、アメリカから来た重役の娘の面倒を見るように頼まれる。その娘は純粋無垢すぎてかなり厄介だった。しかしマクナマラ氏は自身の出世がかかっているので奮闘するのであった…。


当時冷戦状態であったロシアとロシア側の東ドイツに対するブラックユーモアが結構際どい笑
面白おかしく描かれてはいるのだけど、ワイルダー監督がバカにしてる感じがある気がする。特にそう思ったのがコカコーラ社が交渉していたロシアの委員会の三人組が泊まっていたホテルの様子。当時の60年代のアメリカと比べたら、相当時代遅れな感じだった。

とにかく一言一言、行動にも笑える要素が詰め込まれている。そういう情報量の多さで少し観るのに疲れるかもしれない。

社長室にアンクルサムの鳩時計があるの嬉しかった!単にアメリカの象徴としてだったかもしれないけど、キャグニーが主演の映画「ヤンキードゥードルダンディ」を思い出した。

あと車でぎゅうぎゅう詰めのシーンからはマルクス兄弟の「オペラは踊る」の船室のシーンが思い起こされた。オマージュなのかもしれない。

一瞬も気が抜けないハラハラさせられるブラックコメディだった。