あチャラかレインズ

ワン、ツー、スリー/ラブハント作戦のあチャラかレインズのレビュー・感想・評価

2.0
物語が荒唐無稽だからといって、映画は荒唐無稽にならない。アレクサンドルトローネルの画面の奥まで作りこまれた模型の飛行機やクルマの動きの細やかさ、照明の濃淡は楽しめるものの、キャグニーがオフィスに入ってから一発めでクロースアップになるのが鈍く重い。以後もシネマスコープの画面を人物が適宜埋めてセリフを喋っていくだけになる