監督・ばんざい!の作品情報・感想・評価

「監督・ばんざい!」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.9
北野武監督作品。 ギャング映画はもう撮らない!と宣言した北野武監督。
恋愛映画や時代劇、昭和30年代の映画を撮ろうとするが、うまくいかず、ストーリーは予測不能な展開に...。

はっきりいって相当くだらないです!笑
オレたちひょうきん族をそのまま映画にした感じです。笑

でもたけしのお約束のギャグ連発には、
ある意味感動を覚えました。
たけしがギャグをかますと、皆んなでズッコケるリアクション....。殿堂入りです。笑

昭和30年代を舞台にした劇中劇「コールタールの力道山」がなかなか面白かったので、
いつかちゃんと撮ってもらいたいくらい。

ちなみに公開当時、デートでこの映画をたまたま選んだ所、速攻振られた苦い思い出の作品でした。
tricktime

tricktimeの感想・評価

4.0
ばんざい
あんまりにも評価が低いんでバランス取るためにも昔見た映画だけどレビューを書く!


この映画をひとことで表すと、映画のラストシーンの医者の一言に集約される。

「壊れてる」それはその監督としての北野武と、お笑い芸人としてのビートたけし、その二つの顔を持った人間、北野武の脳内がぶっ壊れてるのをぶっ壊れたまんまに垂れ流す映像作品なんだと思う。

メッチャクチャ笑えるから面白い!笑えないから面白くない!って見方もいいと思うんだけど、監督として芸術性は評価されても客が入らない(アウトレイジでやっと脱却)、そしておそらくお笑い芸人としても古臭くなりつつある自分を、悩みや葛藤全部そのままにさらけ出してサンプリングして編集した、一人の人間の悪夢みたいな映画なんだと思う。


あえて古臭いギャグをこれでもか!と繰り返す、その繰り返しはとてもしつこくて笑えないと苦痛でしかないんだけど、繰り返しのリズムは心地良い。とにかく変な気持ちになるんだけど、その変な気持ち、心境が人間、北野武の苦悩と混乱なんだと思えば、非常に楽しいですよ!
三重野

三重野の感想・評価

3.0
たまにこんな映画もとるから好きだ。
豚肉

豚肉の感想・評価

2.5
北野監督が様々なジャンルの映画に挑戦するという内容。
ナレーション付きで様々なジャンルに挑戦しているまでのシチュエーションは個人的にはとても面白かったし、江守徹がぶっ飛んでるあたりまでは好き。
忍者たけしの殺陣はかっこいいし、目を開けた座頭市ではないかのくだりが特に好き。
たけし自身の自虐ネタや笑えるシーンがちょこちょこあってここまでは良かった。

ですが岸本加世子親子がメインになってくるあたりからナレーションも無くなり全く展開が違ってきてそこからは全くもって訳が分からない。
そしてそこから物凄く長い…

序盤は面白かったですがあとは…な作品。
あまりおすすめはできません。
sakidai

sakidaiの感想・評価

1.4
どういうスタンスでみたらいいのだろうか?
アイデアだけで終わってる
全く受けつけなかった。江守徹は良かった。
>|