監督・ばんざい!の作品情報・感想・評価

「監督・ばんざい!」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.9
北野武監督作品。 ギャング映画はもう撮らない!と宣言した北野武監督。
恋愛映画や時代劇、昭和30年代の映画を撮ろうとするが、うまくいかず、ストーリーは予測不能な展開に...。

はっきりいって相当くだらないです!笑
オレたちひょうきん族をそのまま映画にした感じです。笑

でもたけしのお約束のギャグ連発には、
ある意味感動を覚えました。
たけしがギャグをかますと、皆んなでズッコケるリアクション....。殿堂入りです。笑

昭和30年代を舞台にした劇中劇「コールタールの力道山」がなかなか面白かったので、
いつかちゃんと撮ってもらいたいくらい。

ちなみに公開当時、デートでこの映画をたまたま選んだ所、速攻振られた苦い思い出の作品でした。
間違いなく流し見映画ではあるんだけど、こうゆう作品を形にしてるってのがなんか羨ましい
JBOY

JBOYの感想・評価

2.5
北野監督大好きですが、これは素直に面白くなかった。同じ出鱈目なら みんなーやってるか!が一番面白かった
ロラン

ロランの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

暴力映画を封印することから始めるように、これまで撮ってきた静的な作風とは正反対の説明的な映画を(おそらく)意図的に撮っている。タイトル・クレジットの発射の衝撃。まさに「ばんざい!」なんだけど、あれは一体何なんだろう。そこで終わればいいのに、「壊れてますね」と監督自ら作品を批評してしまうのはちょっとズルい。それは観客が言う台詞なんだから。たぶん「壊れている」自分自身を映画にしたかったのだと思うけど。たけし人形抱えて歩く場面は好き。北野武のファンでも流石にこれはと思うけど、時々こういう映画を撮ってしまうのも彼らしくて愛しい。北野武の映画で嫌いなものは本作も含めてひとつもない。
映画監督キタノ・タケシ(ビートたけし)は次の映画製作に悩んでいた。
“暴力映画は撮らない”と宣言してしまった手前、新しいジャンルに手をつけるしかない。
まずは“小津安二郎風作品”を撮ってみるが・・・。

北野武監督作品の第13作目。
公開当時、前作で付いて行けなかった私はコレと次作は映画館で観ていないんですよねぇ。
だから今回が初鑑賞です。

公開当時もほとんど話題にならなかった通り、またもや北野武監督の好き勝手に撮ってる作品。
ありとあやゆるジャンルを作って挫折し…的な映画なんですけど、よく見るとホラーにしろ、恋愛モノにしろ、昭和初期モノにしろ、何気に完全版を見たくなるんですよね。
確かに好き勝手なんですけど、北野武監督の手の内をチラッと見せてるというか。
いつでもどんなジャンルでも撮れますよ!というね。

その未完成映画達のキャストは豪華ですが、個人的にはプロレス好きとしては蝶野正洋や天山広吉らがラーメン屋で大暴れのシーンはツボでした(笑)
しかしここのシーンもよく考えたらS F映画パートなんですよね〜(笑)

どちらにしてもこれまた不思議な北野映画でした。
大体つまらないかクソつまらないかくだらないかクソくだらないなんだけど笑えるとこはある
小津安二郎の「僕は豆腐屋だから豆腐しか作らない」を思い出す
北野武は暴力映画を作っていればよいのである
下らねぇ。失笑物。駄作。でも嫌いになれない。それが北野映画。
「北野武監督 悩む‼」

海外からの評価は高いが、日本では興行的にふるわない監督が、まだ撮っていない様々なジャンルをギャグを交えながら試す物語

物語とは言っても、ギャグ主体の実験的作品なので大笑いや感動などは皆無だ

だが、至る所に先人たちへのパロディやオマージュが散りばめられており、映画をたくさん観てきた方は楽しめるかも?!明らかにチャップリンを意識したシーン等もある

伊武雅刀のナレーションが短編にしっかりオチを付けてくれる😅

既に、北野映画の過去作を観ていると、自虐的なその解釈が北野ファン・ビートたけしファンにはたまらないとも言える

前作"TAKESHI.S"の方が、芸能界や一般社会を皮肉ってて面白く好きだが、本作は(映画)から目をそらさず「次はな〜に撮ろうか?!」と大真面目にふざけている

常連俳優にとどまらず、豪華な出演陣がコミカルだ

ふと感じた…多くの映画監督は脚本・編集までやらないが彼は一人でこなす・・・ゆえにジャンルが違えど大きく作風はぶれない・・・生き方もぶれないから、"その男〜"から現在、そして未来作までがアレコレ繋がってるように感じてきた

決して一作目から観た方が良いとかでは無く、壮大な映画というパズルを"作品"というピースを使って埋めていってる…そんな気がする…
暇神

暇神の感想・評価

5.0
好きなんだよなー
>|