AIRI

小さな恋のメロディのAIRIのレビュー・感想・評価

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)
3.8
これこそ純愛ラブストーリー。とにかくずっと可愛い。子供の純粋無垢で少し背伸びをした恋愛模様が何とも愛しく眩しい。大人の世界では色々な事情があるけど、単純に人を愛する気持ちを抱くことは子供でも大人でも関係ない。こんなに好きなのになぜ一緒にいられないのかと嘆くメロディのピュア過ぎる青い眼差しが何とも言えない。子供って何に対しても真っ直ぐで、自由奔放で、自分達の世界が全てだと思ってる。その無邪気さとか何も恐れずに我が道を突き進む行動力とか人と真正面に向き合えるとこが見てて羨ましくて、もう大人だけど大人になりたくないって思ってしまう。
また、ファッションがレトロで可愛いし、ずっと水彩画を見ているかのような絶妙な色合いや光の使い方が素晴らしい。そして、それぞれのシーンに合致した音楽によって雰囲気がより柔らかくなっている。ただイギリス人の行動の雑さには驚くが...(笑)
最後、二人でトロッコを漕ぐシーンがすごく好き。忘れかけている子供心を思い出させてくれる映画。