ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たちの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち1992年製作の映画)

Dragon Ball Z : The Return of Cooler

製作国:

上映時間:45分

ジャンル:

3.2

「ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち」に投稿された感想・評価

Yohsukeee

Yohsukeeeの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

完全にベジータがいないと負けていた。
小さい頃に観に行った時はメタルクウラが大量に出てきてもうダメだと思った。
前作で倒したはずのクウラがメタルクウラとして復活。こちら助っ人のベジータが弱すぎて悲しい。

メタルクウラ多数現れた時の絶望ね。欲張らなければ世界征服も出来かもなのにね。なんだか微妙なラスト。
超強キャラが増殖したとたん、たちまち弱体化するという「メタルクウラ現象」を産み出した名作。

ベジータ映画初登場なのに、安定の出オチ芸を披露したり、なんやかんやラストかっこよかったり、色々忙しい。そしてあの悟空、ベジータがなぜか共闘する。

デンデが神になっているということは、セルゲーム開催前の10日間の出来事のはずなのに、悟飯が超サイヤ人になれないし、そもそも新ナメック星行く余裕なくないか?…という突っ込みは野暮。
メタルクウラが大勢出てきた時点で、結末は何となく見えてました。

仙豆渡すタイミングね。
最初から皆さん少しずつ持っておきましょう。
あと、念のために天津飯とかヤムチャも連れて行きましょう。
2019-21
久しぶりのドラゴンボール映画
ベジータさんすき🥺
メタルクウラさんいすぎ🥺
マザークウラより、メタルクウラの方が強いやん!

マザークウラは本体の部分を攻撃したり、大量のエネルギーを流し込んだりと弱点が多いかったが、コピーのメタルクウラには弱点が無く最高に強い描写。
(本体を倒せば爆発するが戦ってる時は不明だったので弱点なし)

メタルクウラ1体を悟空とベジータが虫の息で倒した後、数十体のメタルクウラとの戦いになるが、本編ではカットされたがこれをちゃんと描いたら、ドラゴンボール史上凄まじい戦闘シーンにでしょうね。

また、ドラゴンボール超では恒例になった悟空とベジータの共闘をちゃんとやったのがこの映画で、かっこいいですね。

ドラゴンボール超でブロリーが正史に輸入されましたが、本作のメタルクウラは、正史のゴールデンフリーザのヒントになった事は薄々察する所です。笑
メタルクウラ強すぎ

作画が半端ない
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

2.5
・19/01/20:TSUTAYA TV【初鑑賞】