片腕ファルコン

まだまだあぶない刑事の片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

まだまだあぶない刑事(2005年製作の映画)
2.6
1作目あぶない刑事(1987年)

からワープして…

6作目まだまだあぶない刑事(2005年)

を鑑賞しました。。
まず、こんなにシリーズあるとは知らなかった。名前が似てるから一緒になってたのね。。

そして、いっきに19年ワープしたもんだからギャップも出演者のギャップが凄い。。

まず、結構思った人いそうですが、ロッキーと同じ哀愁を感じます。。

ギャグでやってるんでしょうが、柴田恭兵が爆弾を海に投げ込もうとしたら五十肩ですぐ手前に落ちて爆死しそうになる、とか。。
単純に走れない、とか。。

なかなか痛々しいですね。。

まぁそこを若手の佐藤隆太や水川あさみが入ってくる事で哀愁だけじゃないフレッシュさも一応見せてはくれるのですが。。。

やっぱり一番ショッキングなのは、浅野温子さんですね。元々そうでしたが よりハスキーボイスでスナックのママみたいな声でテンションも大阪のオバチャン風ノリで若干引きました。。男紹介しろとか言ってるし。。

ストーリーは良くある展開なのでコレといった面白味はないです。

とにかくベテラン勢の哀愁を堪能すべし!!

というか、2005年でコレって事は新作はいったいどんなヨボヨボなんだ。。。

俄然、気になってきたけど…見たい優先順位はまだ下の方。。