バトル・ロワイアルの作品情報・感想・評価

「バトル・ロワイアル」に投稿された感想・評価

くまみ

くまみの感想・評価

3.8
数年振りに再鑑賞。

人間の狂うさまや、それぞれの人間ドラマが見えるのが好き。えろいけど、漫画の方が細かく描かれていてオススメ。
そして、2を観るのもオススメ。
いつも思うのが登場人物(キタノや光子)には「愛」が必要だと言うこと。


はじめて見たグロ映画で、この映画を見て藤原竜也を知り好きになった。
なので色んな意味で思い出深く好きな作品。

数年振りに見たら藤原竜也は藤原竜也で感動。
ツッコミどころが何十個あろうとツッコんではだめだ。頭を空っぽにして鑑賞し終われ。
劇場に観に行ったけど、R-15で見せてもらえなかった僕は激昂した。DVD借りて何度も何度も繰り返し見た。僕の青春映画の原点かもしれない。
柴咲コウ出てるから今まであえて見なかったけど、みんな若い。

薄情さが全然足りない。
ショッキングなシチュエーションのはずだが、あらゆる点でリアリティを感じさせない作り。問題視の回避策?
深作欣二監督が70年代に撮ってきた、東映バイオレンス路線の延長線上にある作品かと。

まぁとにかく、山本太郎の生活力には惚れる!
ゾンビアポカリプスに突入しても、彼なら大丈夫。
ナベのフタと双眼鏡も、役に立ってる所がイイね。

あと、続編に関しての記述をチラ見しただけで、今作で誰が生き残るか判っちゃうのはどうにかした方が良いと思う。
みちる9

みちる9の感想・評価

3.5
久々に目に入ったから見た
中1のくらいの歳はハマりそうだけど、思ったより内容薄くて
あすか

あすかの感想・評価

3.5
たくさん生徒いる中で尺が多く使われている生徒は今も活躍してるひとたちばかりですごいなって思った。

ビートたけしの役がよかった!

これ続編とかもあるのかな?みたい!
クラスメイトとの関係性って所詮こんなものだよな。表面上の付き合いだと、どんなに友情と着飾っても脆く儚い。

さて、久々に観賞したのですが、思ってたより内容覚えてなかったんだなぁ、と。
改めて見ると役者が結構豪華で驚いた。当時若手であったにも関わらず、なかなかに良い演技しますねぇ。自衛隊の方々の演技がクッソ棒なところも束の間の癒しというか、休憩ポイントとしてよかったと思います()
日本にこの手の映画は少ないのである意味新鮮。当時は色々物議を醸したそうですが、どうしてフィクションをフィクションとして受け入れられないかね日本は。
2000年公開の作品ですが、古く見えるのはなぜだろう。監督の味ってやつですかね。

まぁ、ツッコミを入れるとしたらリアリティに欠けすぎている点ですかね。映画はエンターテイメントなのでそういった部分も含めて楽しまないといけないのですが。これは原作の設定にガバがあるのかな。。。
逐一、名言チックな文章が中央にドーンって表示されるのも正直くどいです。エヴァですか?

テンポも良くて(前田亜季も可愛いから)苦なく見れるのに不完全燃焼というか何処か惜しい感じがしました。
>|