バトル・ロワイアルの作品情報・感想・評価

バトル・ロワイアル2000年製作の映画)

製作国:

上映時間:114分

3.3

「バトル・ロワイアル」に投稿された感想・評価

くまみ

くまみの感想・評価

3.8
数年振りに再鑑賞。

人間の狂うさまや、それぞれの人間ドラマが見えるのが好き。えろいけど、漫画の方が細かく描かれていてオススメ。
そして、2を観るのもオススメ。
いつも思うのが登場人物(キタノや光子)には「愛」が必要だと言うこと。


はじめて見たグロ映画で、この映画を見て藤原竜也を知り好きになった。
なので色んな意味で思い出深く好きな作品。

数年振りに見たら藤原竜也は藤原竜也で感動。
深作欣二監督。なんかぶっ飛んだ話。原作の方が良かった。役のそれぞれの今までのイメージがなんか邪魔してしまった。
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.0
公開されたのは中学1年生の時。R-15指定だったので、バレたらどうしようとビビリながら映画館へ。
当時こういった暴力系はあまり慣れていなかったので、とにかくショッキングだった。特にノブのシーンは半泣き…。普段テレビでふざけまくってるビートたけしが死ぬほど怖かった。
クラスの多くのメンバーに焦点を当てており、2時間でよくキャラクター像までわかるようまとめたなと感じた。
くろ

くろの感想・評価

3.5
これ深作欣二だったんだ。
若かりし栗山千明と柴咲コウが良かったです…
chiaki

chiakiの感想・評価

4.0
時間足りない
死人

死人の感想・評価

4.9
久々に見返してやっぱり素晴らしい作品だなと改めて思いました。生涯ベスト5は譲れませんね

振り切った題材だからこそ、個々の描きこみが少なくとも登場人物の思考や美学が際立っています

助け合いたいと思う人、他者を信じられない人、殺すくらいなら死を選ぶ人、殺してでも生きたい人。設定がリアルでなくとも作品内の人物は全てがリアルなので共感出来る。個人的には人一倍生に執着する相馬光子がかっこよくて撃たれても立ち上がる姿が儚くも美しい。あと、一度も話したことないけど好きな人、みんなできた事あるだろう!?殺し合いながらもしっかり青春してて涙が出ます

終わり方も希望を感じさせる疾走感があって大好きです。からの静かな日々の階段をが最高

まだ中学生の頃に父親と一緒に鑑賞したのが忘れられません。バイオレンス映画に目覚めたのはこれがきっかけだと思ってます。ありがとう!でもR15だから息子には見せるんじゃないよ、親父!笑
Nunn

Nunnの感想・評価

3.2
なんか、良かったです。Dragon Ashかな。
>|