へぇ

オズの魔法使のへぇのレビュー・感想・評価

オズの魔法使(1939年製作の映画)
4.0
前回観たときは字幕でしたが、今回は吹き替えで観てみました。
わっ嬉しい(^ν^)ドロシーの吹き替え、テレビ放送版「レオン」のマチルダの声だったんだ!

そんな興奮は置いといて…

再度鑑賞しても、やっぱり面白い名作だなぁ(^O^)
本の「オズの魔法使い」にハマって、それから映画を観ました。本の方では、キャラクターたちの行動が結構淡々としててそこがまたシュールな笑いを誘うんですが、映画の方ではわりと現実感のある言動・行動をしてくれます。

映像古ぅ…と思いながらも、空想の世界を映像で実写化した世界観に、充分現実逃避できました。ありがとうございます(笑)童心をくすぐられちゃいますね。

まさかのミュージカル調なところも楽しくて、絶対耳に残る曲ばかりなのでダウンロードしたくなります。

やだ〜マンチキンかわいい〜( ´  ` )
主な登場人物の少女・かかし・ブリキの木こり・ライオンたちの友情と、ひょうきんな態度がたまりません。

今のままでも最高に名作だけど、ロードオブザリングチームや、ハリーポッターチーム、オズ はじまりの戦いチームとかでリメイクしたバージョンなんか観てみたいなぁとか夢を見たりしてます。