けんた

オズの魔法使のけんたのレビュー・感想・評価

オズの魔法使(1939年製作の映画)
4.0
過去鑑賞
たぶん生まれて一番最初に観た映画。
最近改めて鑑賞したので。

監督は風と共に去りぬを手掛けたヴィクターフレミング監督

言わずと知れたファンタジーの名作。基本はファミリー向けのミュージカル。子供向けの作品でもあるので向かない人もいるかもです。

「知恵と心と勇気」の大切さを説く物語です。
最初はモノクロで、あるシーンからカラーになります。この世界が色付く演出がとても感動的。その後のオズの世界の色鮮やかさを際立たせる役目にもなっていますね。このカラフルな世界が観ていてとても楽しいです。

そして個性的な人々や大切な仲間たちとの出会いがワクワクさせてくれます。

今観ても30年代の第二次世界大戦前なのにメーキャップや特撮が結構頑張ってるのが好ましいですね。カカシの足がクタクタする演技とか、ライオンの尻尾がさりげなく動いているのとかもいい感じ笑

名曲『Over The Rainbow』もステキだし疲れた人はぜひ観てほしいですね。心が洗われます。