ぽん

オズの魔法使のぽんのレビュー・感想・評価

オズの魔法使(1939年製作の映画)
5.0
ドロシーが恍惚とした表情で歌う
Somewhere over the rainbow 初めて見たときは鳥肌がたった。

オーバーザレインボーの部分の音階って聞くとちょっと泣きそうになるっていうか(言い過ぎ)郷愁にかられるようなかんじがいい

今見てもキャッチーな台詞とハイセンスな衣装、ちょっとツッコミどころある展開、唯一無二で宝物のような映画
親になったときには子供に何回も見せて刷り込ませたいし私はこの映画をずっと好きでい続けるだろうなぁ

ライオンさんと同じで私も勇気がほしい