パピヨンの作品情報・感想・評価・動画配信

パピヨン1973年製作の映画)

PAPILLON

製作国:

上映時間:151分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パピヨン」に投稿された感想・評価

ひでみ

ひでみの感想・評価

3.9
スティーブ・マックイーンが素晴らしい。見応えありました。
スティーヴ・マックィーンの独房での迫真の演技がこの作品を際立たせてます。リメイク作もあるので、この映画がどのようにアレンジされたか、機会があれば見てみたいです。
僕の中ではシャフナーはリーンと並ぶ巨匠。
ぼぞ

ぼぞの感想・評価

4.1
一山越えたと思ったらまた次の山の連続でとても疲れました。
シスターの場面の後の独房の引きの画はさすがに呻き声出た。
今までの時間は一体なんだったんだ…と。
独房での夢?のシーンとかめちゃくちゃ怖かったし。
色んなことが起りすぎてラストの海を漂うシーンの解放感凄かった。
なんだかショーシャンクの空にが生温く感じてしまうくらい壮絶でした。
でも面白かった…。
スティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンの競演した名作と名高い作品を未鑑賞でした。

無実の殺人罪で囚人の身となったマックイーン演じる主人公“パピヨン”と国債偽造の罪で囚われているホフマンの刑務所脱獄に絡んで生まれた友情を背景に自由の身を追究する“パピヨン”の生き様を描いた感動作でした。

正反対の性格の上に育つ友情・・・そしてパピヨンの強い意志を二人の素晴らしい演技で目を離すことが出来ませんでした。

特に厳しい刑務所の独房に囚われるパピヨンの表情の描写が凄まじく思います。マックイーンの透き通ったブルーの瞳が訴える辛さが何とも切ない・・・

他のレビュアーさんも感じられていますが『ショーシャンク・・・』と同じ様に本当に心に沁み居る作品でした。
おめぐ

おめぐの感想・評価

3.4
前半の、ちょこちょこっとした伏線を回収する感じが良い。

小学生のとき以来に観たパピヨン。

長さを感じさせないのはさすがと言うところかな。
BUG

BUGの感想・評価

4.5
記録用
take

takeの感想・評価

3.1
2時間超だが、長さを感じない。

独房のシーンは壮絶。
それに対する、無言の海辺の集落が印象的。
貝を採り、胸のTatooを有力者に移す。

この静寂が、監督の撮りたかった世界では。

「俺はまだ生きてるぞ」
GOSAY

GOSAYの感想・評価

4.1
名優スティーブ・マックイーンの代表作でもあるが、「大脱走」にしても「ゲッタウェイ」にしても「ハンター」にしても徹底的に逃げたり追っかけたりする役どころはマックイーンならではで、しぶとい役作りに少年の私は憧れたものである。
1980年中皮腫で亡くなった(当時は確か「肺癌」だと伝えられた)彼は50歳の若さであった。名優死亡の報せに世界中が悲しんだのを思い出す。
さて「パピヨン」
過去に何度か観たが今回新たな発見があった。これは単なる脱獄の物語では無い。
閉塞感に満ちた現代社会を監獄になぞらえるのならば映画「パピヨン」は正に人生を問う映画だということである。現代人は一見自由を謳歌している。たまたま「コロナ禍」で自由が束縛されているが、コロナ以前においても現代人は仕事に家庭に社会に何らかの束縛を受けている。「自由になりたい」という渇望は現代人の深層心理にくすぶっていて、飽くまで自由を求めるのが正に囚人パピヨンの想いであり、それでも塀の中で折り合って生きていこうとするのがダスティン・ホフマン演じるドガなのかも知れない。
塀の中にあっても誠実さを持ち続け、友を信頼し、何度騙されても自由を希求する主人公に、自分の生き方を見つめ直す手掛かりをもらった気持ちだった。
断崖絶壁から望む、どこまでも青い「自由」の空は果たして現実なのか?澄み切った背景と切ない音楽のコントラストにパピヨンが名画であることを再認識させられた。
(CS録画)
>|