天地明察の作品情報・感想・評価

「天地明察」に投稿された感想・評価

まさや

まさやの感想・評価

3.4
ちょっと長い

このレビューはネタバレを含みます

機会があれば見るかも。5分でやめました。邦画特有の間の長さと、声が小さくて他の音が大きいという障害。これだから日本の映画は苦手だ…!話的には宇宙も星もとても興味あるし見たけれど、いかんせん(笑)のめりこめなかった…。また挑戦はしたい。13.9.7
原作本が良すぎるから、映画では再現しきれない。
shiori

shioriの感想・評価

3.3
みんなが暖かく大きな心で岡田くんを見守るところがいい。キャストもいいし、あんな地道に色々調べるんだと思うと素直に尊敬する。宮崎あおいはあいかわらずかわいい。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.0
良作!
岡田くんの時代劇はハマってる!

このレビューはネタバレを含みます

2012年邦。江戸前期鎖国中の日本で、正確な暦の作成に尽力した安井算哲の生涯を描いた科学者伝記もの。面白い。ちょっと『アレクサンドリア』ぽい。本因坊道策や関孝和とのライバル関係、北極出地の老人二人の楽しそうな様子など、見ていて楽しい。岡田准一の演じる算哲は何かしら力を貸したくようなひたむきさと寄る辺なさがあり、光圀公など男のパトロンに可愛がられる算哲に説得力がある。男性同士の関係が魅力的に描かれるのに対し、算哲の妻は端正だがロボットぽい人物にしか見えない。これは演出の責任で宮﨑あおいのせいではないだろう。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
原作既読。壮大な話なのに、深みが感じられなかった。
見なくていい。見てもいい。
>|