武士の一分(いちぶん)の作品情報・感想・評価

「武士の一分(いちぶん)」に投稿された感想・評価

キムタクが出てるので五点です。
願い

願いの感想・評価

-
この時代こわ!!ってなる
刀ってめっちゃ痛そう
演出が素敵でした
ムダに長い。。。
でも、山田監督らしい表現が光ってたと思う。
題名に惑わされ、重い映画と思って観に行くと愕然とするだろう。
気 を つ け ろ !!!
さらっと楽しむ映画だ。

桃井最高♪(笑
仕えてたおじぃがイイ味出してた。

2006年12月07日 01:15
よかった。
でも、うーむ、初めから最後まで見え見えのストーリーは、どんでん返しもなく少々退屈だった。
でも、なぜ?キムタク?
そればかりクローズアップされると、山田洋次の時代劇が見たい人にとったら、どうでもいいわけだから、もっと、別の役者でよかったのに・・・。
細かい所がしっかりと作りこまれている所はさすが。
作品を質の高いものにしていると思う。
「隠し剣」は、見ていないが、私は今回の「武士の一分」よりも、
たそがれ清平の方がよかった。
kojim

kojimの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ちっちゃい時にみました。

最後の涙が印象的で
凄い刺さった
木村拓哉さん、オーラを消していた。
少年と話すシーンに一瞬だけキムタクだった。
檀れいさんは設定よりたくましそうに見えた。
笹野高史さん、いい味。
ストーリーはおもしろかった。
>|