マヒロ

スモークのマヒロのレビュー・感想・評価

スモーク(1995年製作の映画)
4.5
ニューヨークの片隅で営まれる小さなたばこ屋を中心に、そこに訪れる人々のちょっとしたドラマを描いた映画。

各話が絡み合って大きな物語になる…みたいなカタルシスは無いし、あっと驚く出来事が起こるでもないんだけど、そのオフビートな雰囲気がとにかく心地よい。タバコを燻らすハーヴェイ・カイテルもめちゃくちゃ格好良くて眼福。

印象的だったのが度々出てくる"ウソ"の使い方で、一口にウソと言っても、自分を守るためだったり何かを隠すためだったり、はたまた誰かを幸せにするためだったり、人によってウソの意味合いが全く変わってくるのが面白かった。

クレジットを見ると日本の人が結構関わっているみたいで、そういう日本らしいしっとりとした感触と米映画らしいザラついた雰囲気が結びついて、独特の空気感のある作品になっているように思えた。

(2015.263)