スモークの作品情報・感想・評価

「スモーク」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

5.0
生きる喜びのすべて。
目で、間(ま)で、優しい嘘で語る。
人と人のコミュニケーションは素敵だなあ〜
人間てあたたかいなぁ〜は〜

カメラ、大事にしよ
wasizm

wasizmの感想・評価

4.0
スルメ映画。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

4.0
これは大人の映画ですね。

オムニバス寄りの群像劇で、特に大きなストーリーではなく、ごくありふれた日常で起こりうるストーリーだが、しみじみときます。
タイトルの通り、毎日同じような日常はタバコの煙のように放っておいたら勝手に消えゆく話だが、実はちゃんと味わうとどれも1つ1つが微妙に違うものである事に気付かされます。

こういう映画は滅多にないと思うので大変貴重ですね。

ハーヴェイカイテルが役に凄く合ってた!

日々の生活で疲れた時、一息いれるのにオススメです。
ポテチ

ポテチの感想・評価

4.5
すごく心がほっこりして優しくなれる。
時々思い立っては観てる。毎日写真を撮る設定がすごく気に入ってる。
April78

April78の感想・評価

4.8
なんとなく疲れたなぁっていう時にまた観たくなるそんな映画です。

ニューヨークの街角にあるタバコ屋さんの日常を描いたこの映画の原作はポール・オースター。(厳密には脚本)

さすがにポール・オースターらしくセリフがいちいち面白い。
僕はこういう映画が大好きです。
特にフォレスト・ウィテカーと息子のラシードが最初に絡む時のやり取りが黒人ならではの言い回しで思わず笑っちゃいます。笑

タバコ屋の主人のオーギーは接客中もタバコをプカプカさせて、お客さんが入って来ても読書をしてる。お客さんにも平気で怒鳴りつけて口が悪い。でも本当は優しい。
こういうカッコいいおっさんのこういう生き方に憧れますね。

一つ一つのどの話も面白くて観終わった後はなんとなくホッコリする、そんな余韻を残してくれるいい映画です。

なにか嫌な事があったり精神的に疲れている時にはきっと癒してくれると思うので、そんな時に観てもらえたらすごくこの映画の良さを感じられると思います。
kere

kereの感想・評価

-
映画としてどうかはおいて、オースターが好きだ。オースターの正しさを信仰しないところが好きで、けれどわたしは彼の小説を肉感ある人物を想定しながら読めたことがなかった。映画では人間が人間として動き、走り、話している。オースターの筋書き、あのいつものオースターの、他者になした傷でもって別の他者を救う筋書きが、映像らしいわかりやすさと、オースターが提起しえない肉体のいじましさと醜さを伴って、悠々と展開される。それだけでもういい。それだけでわたしはもういいです。エンドロールで目を瞑るほどに、十分です。
心にスッと入ってきて、胸がキュッてなるような優しい映画。

登場人物の様々な嘘が物語を動かしていくわけだけど、決してドタバタして驚くような展開があるわけではなく、ゆっくりと人間の心のようなものが丁寧に描かれていく。素晴らしい。

原作を読んでないからなんとも言えないがポールベンジャミンがどんな小説を書いているのか気になった。

とにかく原作が読みたくなった。
haruharu

haruharuの感想・評価

3.5
大きな街の小さな物語。落ち着いた雰囲気で人と人との繋がりを描く、大人な映画って感じでした。
鈴木

鈴木の感想・評価

-
ベスト
人生の指標
>|