スモークの作品情報・感想・評価

スモーク1995年製作の映画)

SMOKE

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.0

あらすじ

都会で暮らす男女それぞれの嘘と本当、過去と現在が交差する中で生まれた不思議な絆。目には見えないが必ず存在するタバコの煙のように曖昧でつかみどころのない真実を問いつめる。

「スモーク」に投稿された感想・評価

久しぶりにハーベイ カイテルのボテ腹を見た
yoeco

yoecoの感想・評価

3.5
海外の良い短編集の読後感。(まあオースター原作だけど)
ぐっち

ぐっちの感想・評価

4.3
ラスト10分、特に良かった
ラストが素晴らしい
r

rの感想・評価

4.2
フェリシティのなんとも言えない顔に泣きそうになった。嘘は自分を守るし、傷つける、あるいは人を幸福にしたりもする不思議なもの。タバコをふかしてみたくなる。
Ayk

Aykの感想・評価

4.1
記録
サトシ

サトシの感想・評価

4.2
これを見ると、やめたタバコが吸いたくなる。
あまの

あまのの感想・評価

3.9
色んな出来事が本当か嘘かなんて重要じゃない。

本当の事を言って相手を悲しませるか、
嘘をついて自分が辛さをかみ殺すか
そのどちらを取るかの方が大事なのかな。

なんとなく切ないけどよくある日常の話。
正直なだけじゃ生きにくい世の中だ!

愚痴などこぼさぬ。ただ、灰にするだけ。
ako4u

ako4uの感想・評価

3.0
煙のようにゆっくりとたちのぼり消えてゆく物語

自分では煙草を吸いませんが
煙草を吸うリズムやテンションに あうようにつくられてる気がします
吸う人なら、きっと 映画館で観るより 家で煙草を吸いながら 観たい映画

男たちのやせ我慢の物語のようにも見えますね
「煙をつかむのに手間をかけてなにが悪い。それををダンディズムと呼ぶのよ」
そんな 山田詠美の言葉を思い出しました

モノクロの、オーギーのクリスマスストーリー
流れる嗄れ声の唄と、おばあさんの笑顔、涙が出ました

“本当にいいことをしたな オーギー、彼女を幸せにした”
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

3.6
嘘もつけなくなったら生きて行けなくなるよってYUIの歌詞が思い浮かんだ。優しさと、渋いほどの苦み。なんかリアルな感じが共感させるのかな。
個人的に、フェリシティの崩れそうになる表情と、煙を隣で燻らせてる場面がとても印象的だった。
最後は、ん?どっち?ってくそ真面目に受け取ってしまった。まだまだあまちゃん。タバコ吸いたくなる。
>|