スモークの作品情報・感想・評価

スモーク1995年製作の映画)

SMOKE

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.0

あらすじ

都会で暮らす男女それぞれの嘘と本当、過去と現在が交差する中で生まれた不思議な絆。目には見えないが必ず存在するタバコの煙のように曖昧でつかみどころのない真実を問いつめる。

「スモーク」に投稿された感想・評価

久しぶりにハーベイ カイテルのボテ腹を見た
tamami

tamamiの感想・評価

-
またみた。
これに関しては語りつくせない、またじんわりしてきた…
こう

こうの感想・評価

3.7
温かい作品だったなぁ。
嘘をつく方も嘘に気づく方も、みんな優しい。

誰にだってそれぞれの物語があって同じ時間を生きてるんだなぁ、と。
おれの街角の記録

絶妙にできた映画
やっと見れた🙆

嘘も悪くないと思った。
片隅に生きる人々の話よかった🚬📷

この映画好き
あかり

あかりの感想・評価

3.8
じんわりあったかい映画。登場するのはままならない境遇の人たちばかりなのに、湿っぽくないのは洒落た会話のおかげだと思う。

短編のお話がそれぞれ交錯する中で、いろんな嘘や本当がタバコの煙みたいに入り混じっていく。

しがない街のタバコ屋のおじさんにも深い人生がある。4000日もの間、定点から撮影された写真からオーギーのブルックリンの街や日々の暮らしへの愛おしみが伝わりました。

オーギーがクリスマスの夜についた優しい嘘にほろっときます。人間くさくて、切なく暖かいお話。
AKIHO

AKIHOの感想・評価

4.1
見終わったあとのじんわり優しい余韻がいい
またクリスマスが近くなったら見たい
elie

elieの感想・評価

4.5
ずっと観たかったものをスクリーンで観れる贅沢!
だいすきなP.オースター脚本
様々な話が繋がっていく様はオースターの本のページをドキドキしながらめくる時と似ている
以前、柴田元幸さんがトークショーでオーギーレンのクリスマスストーリーを朗読されていたのだけどまさにそれが今繋がった感覚
あのノスタルジックで煤けた語り口は未だに覚えています
タバコの煙の重さを量る話が妙にいいです
大人になることは嘘と上手に付き合うこと
それが嘘か真実かはさして重要ではないのだから
リョカ

リョカの感想・評価

4.3
台詞が粋
>|