chika

ダークナイトのchikaのレビュー・感想・評価

ダークナイト(2008年製作の映画)
5.0
何年か振りに再見したので書き直し。

悪に染まっているゴッサムシティを巧みに描き細部まで拘り視覚的にもストーリーも完璧な最高傑作。神の領域。
ラストの「Drak night」はいつ見ても痺れる。私が初めてエンドロールが終わるまで立ち上がれなかった作品。あの感動を何度見ても毎回感じさせれくれる。鳥肌もの。大好き!!!!!

OPだけでもう満足。
IMAXカメラだからこんなに綺麗なのか。
空撮の綺麗さに圧倒される。
バットスーツ、バットモービル、そしてバットポットもう無茶苦茶かっこいい。
全て現在の科学で可能な物しか作ってないとか
CGも最小限にし、アングルにも拘り、余計なことはせずシンプルに作り上げられていると聞いて納得。アクション苦手な私でもここまで魅了されてしまう完成度の高さ。
所々」昔軍で使用されていた」装置?や現在のテクノロジーを駆使した装置にオタク心をくすぐられる。

善人の狂気を引き出そうと人々を煽りまくるジョーカーと正義は絶対だと信念を貫くバットマン。犠牲精神に泣ける。そこに絡み合う汚職警官達。
バットマンを翻弄させ助けに向かわしたり
Two-Faceを引き出したり、言葉巧みなジョーカーが堪らない。演技も勿論だが、心理戦を愉しむ頭脳派なジョーカーが今作の主人公みたいになってしまってるくらいの存在感。
でもラストはきちっと正義のヒーローバットマン!
やっぱりバットマンは子供のヒーロー。その辺りも大好き。


少し色んなことが入り組みすぎていて頭がついていかない部分もあるんだけど、そこもまぁノーラン作品の醍醐味かと。
他にも長々と褒めたい部分が沢山!
特典映像の制作秘話を見てるとレンタル100円で借りているのが申し訳なくなる。
こんな素晴らしい思いを100円で出来るなんてなんて幸せなんでしょう。
でもIMAXシアターで観たいーーーー

私の文章力ではこの作品の良さを十分に伝えられない悔しさ、、