たつなみ

ダークナイトのたつなみのレビュー・感想・評価

ダークナイト(2008年製作の映画)
3.5
CSで吹替版をやっていたので2回目の鑑賞。
吹替でも意外と悪くなかった。

誰もが言っている様に、ジョーカーという男の存在感だけが強烈に光り輝く。

「やつらが言うモラルだとか規律だとか…… そんなもん悪い冗談だ」

ジョーカーによって当たり前だと思っている価値観が揺さぶられる。
こんな奴に巻き込まれたら、自分の為に他人を殺してしまうかも…と思えてくる所がとても恐ろしい。

ジョーカーの目的は金とか女では無く、善良だと思われている者が悪に堕ちていく姿を見る事なんだろう。
正に悪魔だ…。

……あとこの話、改めて観るとちょっと長い気がした。
もう少し短く出来たのでは?
それとトゥーフェイスの左側の顔ってまばたき出来ないよね?
彼の左目の渇きがとても心配でした。