DAーyoshi

ダークナイトのDAーyoshiのレビュー・感想・評価

ダークナイト(2008年製作の映画)
5.0
クリストファー・ノーランの
バットマン三部作の第2作目
「ダークナイト」を観賞。
"こんな悪役、観たことない …"

この映画で素晴らしい点は多く。
舞台となるゴッサムシティの風景や音楽、照明、リアルなアクション
など恐ろしくダークを感じるうえ、この映画の世界観に入り込む事ができます。
さらに、バットマンの一つ一つ行動から彼の信念や気持ちを感じる事ができ、"真のヒーローとはなにか"
"人々の心に潜むダークとはなにか"
について考える事ができます。

しかし、何よりも素晴らしいのは
"悪役のジョーカー"です。
徹底したヒース・レジャーの演技は恐怖すら感じました。
ジョーカーは常にバットマンの2歩先を行き、究極の選択を迫らせ、ヒーローの弱点をつく素晴らしい
悪役でした。

2008年、この映画の完成を待たずして彼は28歳という若さでこの世を去りました。ご冥福をお祈りします。