ダークナイトの作品情報・感想・評価

ダークナイト2008年製作の映画)

THE DARK KNIGHT

製作国:

上映時間:152分

ジャンル:

4.2

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

5.0
犯罪が先か、バットマンが先か。正義とは何か。ヒーローってなんだ。

大企業の若手社長で、独自の経済力と独自の科学技術を応用して、独自のスーパーな車と武器を創り出し、強靭な肉体を自力で鍛え上げて、ゴッサムシティの犯罪者たちをぶちのめす、社会のはみ出し者のヒーロー、バットマン。まさにパワーによる正義の象徴。

しかし、バットマンが法を破り、強引にマフィアを摘発すればするほど、犯罪者も過激な方法に訴える。正義のはずのバットマンに投げかけられる疑問、法外なパワーを振りかざす自警は正義なのか?

そこに新たに現れる、狂敵ジョーカーは確かにクレイジー。一方で彼の行う「悪事」は、世間の矛盾やモラルに対する批判や風刺をした彼なりの問題提起、そしてそんな矛盾だらけの社会を破壊して行く姿は、何が正義で何が悪か?という問い、人間の本質、社会の矛盾を我々に問いかける。

光と闇。裏と表。実際の世界は、非常に曖昧。そして時に、誰かの正義は誰かにとっての善ではない。

でも、そんな世界に光を与えたのは市民。そして、そんなゴッサムシティの平和のためにヒーローではなく闇の守護神ダークナイトとして生きて行くことを決意したバットマンの決意が、切なくもカッコいいのです。

約10年ぶりに鑑賞しても、圧巻の世界とストーリー。傑作です。
コパス

コパスの感想・評価

4.0
記録。ノーラン監督作品はやはり最高
Hanako

Hanakoの感想・評価

4.5
お話が難しくなってきた。
バットマンが乗り回すタンク超かっこいい。クソサイコセクシー精神科医にはもっと登場してほしい。
うめ

うめの感想・評価

-
レンタル
メンヘラとコイン男とビッチの三角関係。
てんこ盛りだった!

オチがとてもカッコ良く、さすがダークヒーロー……

最後クルーズ船の設定で、一本独立した映画ができそう。
バットマンが一番狂ってるんだよな
悪のはびこるゴッサムシティで警察、そしてバットマンはマフィアの資金洗浄(マネーロンダリング)を追っていた。バットマンに追い詰められて苛立っていたマフィアたちに、邪魔者を消してやると手を差し伸べたのは、一人の狂人「ジョーカー」であった…。

ボリュームがありすぎるくらいの重厚なストーリー、大迫力でハイクオリティの映像でお届けする2時間半。
バットマンの掲げる正義とジョーカーの狂人的な生き様とのぶつかり合いが見るものをくぎ付けにする。さらにそれを取り巻くハービー、レイチェル、ゴードン、フォックス、極めつけは一般市民までも主役になりうる圧倒的表現力。間違いなく歴史に名を刻む名画。
2時間半となかなか長いが、全編がおもしろすぎて飛ばしたりできないので、スキマ時間に観られないが唯一の欠点だ。
yuto

yutoの感想・評価

3.8
バットマンももちろんかっこよかったけどジョーカーがかっこよかった。
悪いことをしていないのに悪者扱いされてそれでも続ける姿がかっこよかった。
msk

mskの感想・評価

4.8
乗り物、戦い、ジョーカー、バットマン、とにかくかっこいい...。ジョーカーはめちゃくちゃイカれたサイコパスな役なのに、完璧以上の演技をした故ヒース・レジャーは本当にすごいと思った。惜しい人をなくしてしまった....
>|