ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

【アメリカのヒーローと日本のヒーロー】

僕は子供の頃から「ヒーローもの」が大好きだ。
「悪者から世界を守ってくれる正義の味方」は『ウルトラマン』だったり『仮面ライダー』だったり『ゴレンジャー』だったり・・・

「どうして日本ばっかり狙われるんだ?」

なんて野暮なことは言いっこなしです。海外には海外の「悪者」と「ヒーロー」がいるんだから。

ご存知の方もいるかと思いますが、昔「スパイダーマン」を日本版でドラマ放送していたことがあります。これが製作された経緯や詳細設定は省略しますが、ポイントは『「日本の」「日本による」「日本人の為の」スパイダーマン』だったということ。
悪の異星人「モンスター教授」の魔の手から日本を守るため、スパイダーマンとなって闘う青年のお話。さらにはマーヴェルの設定には存在しなかった「レオパルドン」なる大型ロボットまで登場する。
実は日本での人気は根強く、実際にマーヴェル版の「本家」スパイダーマンが公開された時は「こんなのスパイダーマンじゃない!」という日本人のコメントがあったという笑い話のような逸話が残っているくらい。


では、なぜその日本人はアメコミ版のスパイダーマンを観て「こんなの違う!」と思ったのか?

実はこれってスパイダーマンに限ったことではなく、『アメコミ全般が持つ普遍的なテーマ』と『日本人が持つ「正義論」』がそもそも噛み合っていないのに、「正義=ヒーロー」という構図でひとまとめにしようとした「歪」のようなものだと思うんです。

日本で言うヒーローには必ずと言っていいほど「正義の味方」という言葉がつく。
ん?正義の「味方」?
ヒーローが正義そのものではないのか?

・・・そこなんです。
日本で言う正義とは「悪」を存在させるための立ち居地でしかないんです。
「悪い奴らが虐げる人」⇒「悪くない人」=「正義」という構図なんですね。
そしてそれを助けてくれるのがヒーロー、つまり正義の味方です。そしてだいたいのうたい文句にあるのが「弱きを助け~」っていう判で押したような決め台詞。
じゃあ、悪い奴らから虐げられている弱い人は正義で、それを助けてあげるのが正義の味方(ヒーロー)ってことだね?となる。
ただ、そうなるとヒーローの存在意義は「悪がいなければ成立しない」ということにもなる。
つまり日本における正義の味方は「悪へのカウンターパンチ」でしかないという事なのだ。

昔何かの戦隊ものの最終回で、悪を倒して世界に平和が訪れて何年か過ぎ、再び悪い奴らが出てきた~となった時、既に「ヒーロー」を引退してた「元ヒーロー達」は「よ~し、闘うぞ~!」と喜び勇んで行くというシーンがあった(なにレンジャーだったかは忘れたけど・・・)。
つまりそういうこと。
「悪」がいないと「正義のヒーロー」である自分の存在意義すらないということなんですよ。

では、アメコミにおける正義とはどういう位置づけなのか?
はっきりしていることは『「悪」は「悪」』、『「正義」は「正義」』で基本的には独立してるんですけど、出所は一緒なんですよね。
日本のように「弱いもの(虐げられるもの)=正義」という構図ではなく、「持っているもの」と「持たざるもの」の差なんですよね。

ここでいう「持つ」とはGiftedのことです。つまり「神から与えたれた才能」という意味。
これは「正義」だけに与えられるわけでもないし「悪」だけに与えられるわけでもない。
与えられたものが「正義」になるか「悪」になるかということなんです。
つまりスタート(出所)は一緒だけど、その与えられた才能(能力)を「何に」使うか?というところで方向が変わってくる。
しかし、その目的だけでそれを「悪」と呼べるのだろうか?方法や手段が、その他大勢(持たざるもの)にとって危険、受け入れがたいとなったとき、それは「悪」と位置づけられる。逆にその他大勢の為にその能力を使ってくれれば、それは「正義」と呼ばれる。

別に正義は悪を倒すことを目的とはしていない。ただ「神から与えられた力」を信念に基づいて行使しているだけなのである。
そして悪もその力を利用して人を虐げることが目的なのではなく、自分の目的達成の過程にいる邪魔者を排除しているに過ぎない。

意外と明快な理屈だとは思うけど、それをスパッと納得させてくれる映画には中々出会えないな・・と思っていた頃に丁度公開となったこの作品。
まさにバットマンとジョーカーは「それ」だった。

与えられた能力をフルに使ってゴッサムを守るため、あらゆるものを犠牲にし、孤独に生きることを選んだウエインだけど常に彼の中には葛藤が渦巻いています。
「本当にそれは正しいことなのか・・・」と。
そこに常軌を逸した存在であるジョーカーが現れます。いままでの悪者とは本質が違う「邪悪」のような存在。そしてジョーカーが投げつける「俺もお前も大差はない。二人とも普通に生きることなんて出来ないだ」というバットマンの苦悩の原点ともいうべき言葉。

「持ってしまった(与えられてしまった)」が故に普通の生き方は許されない存在であるという事をまざまざと自覚させられる瞬間です。
結局、バットマンはジョーカーを最後まで倒すことが出来なかったが、倒さなかったというほうが正解なのかもしれない。

次回作に出てくるベイルなんて肉体的な強さはあるかもしれないけど、バットマンを心底追い詰めるような存在にはなり得なかった。
何が正義で何が悪なのか。それは観る者、影響を享受する者たちによっていくらでも色や形を変える。そしてその間で「信念」に従って行動するバットマン。

日本の「それ」とどちらが正しいという議論ではないし、正解もない。
ただ、もの凄く根源的に深い禅問答のような問だけがそこにある。
そしてそれが「ダークナイト」だった。
ア

アの感想・評価

4.0
これはたしかにヒースレジャーの映画
ざらめ

ざらめの感想・評価

5.0
ヒース・レジャーのジョーカーがとにかくカッコいい…あんなにカリスマ性を感じるヴィランはなかなかいない。
TEN

TENの感想・評価

5.0
個人的に今まで見てきた映画の中で一番面白かったです。
特にジョーカーを演じたヒース・レジャーには恐怖を感じるぐらい圧倒的な演技でした
最後のダークナイトのシーンは鳥肌ものです
是非みんなに見てほしい映画でした
これは完全にヒースレジャーに惚れた。
ももも

もももの感想・評価

4.0
他のアメコミ作品よりも現実的で人の揺れ動きがあって好き、それにしてもジョーカーの演技素敵だ…
記録
クリストファーノーラン
ジョーカーをよく分かってる
結果的にはジョーカー圧勝なんだよなぁ
ヒーロー映画としてもアクション映画としてもヒューマンドラマとしても完璧

このレビューはネタバレを含みます

1番大好きな作品
バットマン、ジョーカー
トゥーフェイス、ゴードン警部補
みんなが完璧にカッコいい
自分は暗い映画が大好きだけど
映像が暗いとかではなくて。
雰囲気の暗い映画が。
この映画は雰囲気は暗いけど
気分は重くならないから
素晴らしい!
そしてバッドエンディングな
映画も好きですが
この映画のエンディングも
たまらなく好きです。
初めて見た時は
ダークナイトってどんな意味だ?
って思いながら見始めて
最後ゴードン警部補が
ダークナイトって言う
あの一連の場面は何度見ても
涙が溢れそうになる。
大好きな場面ばかりなんだけど
1番好きな場面は
ジョーカーが
病院を爆破させようとして
一回爆破しなくて
スイッチの故障か?
みたいな感じでカチャカチャやって
その後、爆破されて
おぉぉっ!ってなるところが
とても可愛くて好き。
自分は、どの年代のジョーカーも
それぞれ個性があって大好き。
アメコミ映画大好きなんですが
バットマンもジョーカーも
映画の中では
スーパーパワーを持ってなくて
生身の人間っていうのが
また素晴らしい。
バットマンいつかは
報われて欲しいんだけどなぁ。
ぴー

ぴーの感想・評価

4.0
2020 劇場26作目

記録
このジョーカーも良き
>|