ダークナイトの作品情報・感想・評価

ダークナイト2008年製作の映画)

THE DARK KNIGHT

製作国:

上映時間:152分

ジャンル:

4.2

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

まほ

まほの感想・評価

4.6
Why So Serious?

ユナイテッド・シネマで行われていた
IMAXリバイバル上映にて。
映画館での鑑賞は初めてでした。

今まで何度も家で見てきた大好きな映画だけど
やっぱり映画館じゃレベルが違う。

もうこれが公開されて10年経つんですか?
10年前にこのレベルの映画が出来るなんて
映画史に残る歴史的なものだ。

クリストファーノーランとハンスジマーという
組み合わせは他のどのIMAX映画よりも
比じゃないくらい音響が本当に凄い。
この2人になるとレベルが違いすぎる。

当時はまだ小学生でこの映画の存在は
知っていたけどヒースレジャーの
ジョーカーが怖くて見れなくて
結局初めて見たのもテレビ。
10年経ってIMAXでまた見せてくれるなんて
そんな機会に恵まれたことに感謝しかない。

ダークナイト三部作はDCコミックが原作ですが
正直私の中でこのシリーズは
アメコミ作品やヒーロー映画の部類ではなく
これはクリストファーノーランが作り上げた
クリストファーノーランの映画と思ってる。
人間の無情さ、醜さ、ずる賢さ。
ハービーデントのように
どんな善人であっても悪人になることはある。
「狂気は重力と同じだ。軽く押せばすぐ落ちる。」

ゴッサム警察の本部長の警察全体による
葬式でのシーンが凄く印象的で
あの銃声が本当に忘れられない。
それと病院まるごと爆破シーン。
ヒースレジャーのアドリブあってこその
あの映像は只者じゃないなと実感。

若干最初にキリアン先生が少し出てくるのが
ノーラン監督の粋なところというか
あんた、どんだけキリアン好きなんだよ!笑

ランボルギーニまるごとぶっ潰すシーンで
ブルースが「病院行こうかな?」って言って
ゴードンが「何も知らないのか?」というセリフは
「あ、チャンベーがバットマンってことを
世間の人は知らないんだ」ってことを
改めて思い出さすためのシーンでもあるのかな。

最後のこの台詞からのエンドロールは
何度見ても傑作を象徴してるなと。

"Because he's not our hero......
he's a silent guardian, a watchful protector
.....a dark knight."

「彼はヒーローじゃない、沈黙の守護者、
我々を見守る番人、"暗黒の騎士"だ」
芽

芽の感想・評価

-
善と悪の話。レイチェルは悪い女(いい女)だな。
ryumaeda

ryumaedaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

物語の後半ほぼクライマックスという感じ。
ジョーカーがパトカーから顔を出して風を感じているアイマックスのシーン綺麗だった。
見応えある。
おもしろい。
ヒース・レジャーが好きすぎて涙がでる。
とにもかくも、ジョーカーの演技が常軌を逸していてすごかった!!! 物語の展開も早く、二転三転と状況が変化するのも見事でしたし、人が善から悪へと堕ちる様がよく描かれていて見どころが満載でした。
バットマン初めて見ましたけど、こんなシリアスなお話だったんですね……とても楽しめました。
まれに、開始5秒でこれは傑作だと思わせる映画に出会えるんですがが(そしてその勘は往々にして当たる)これはまさにそれ。ドンピシャ。
ジョーカーが最高すぎませすね。悪役として完成されてる。
なおこ

なおこの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ジョーカー役の人が役作りでドラッグを服用し、この作品の公開を待たず死亡したという話を聞いてから見たんだけど、確かにジョーカーの存在感がすごい。
病院燃やしたシーンの迫力が忘れられない。
そしてハービーデントが全く変わってしまった事がショック…あんなにいい人だったのに!!
ジョーカーも言ってるが、正義があるから悪が生まれるんだと。正義と悪は表裏っていうテーマをすごく表現してる作品だと思った。
あとは、デントを市民の正義の象徴として守る為とは言え、バッドマンが罪を被ったことは納得いかない。
でも今回の件で恋人を亡くしたデントの立場なら、正義はまた違う角度で見えるのかもしれない。
自分たちが信じてる正義が本物かの線引きは、すごく曖昧。
Ci

Ciの感想・評価

3.2
ジョーカーカッケー!
>|