ダークナイトの作品情報・感想・評価

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

Taiga

Taigaの感想・評価

4.8
全米を震撼させた「ダークナイト ライジング」公開中の映画館を襲ったオーロラ銃乱射事件の犯人は、取り調べで自らを"ジョーカー"と名乗ったと言う…。
そして現在、映画「ジョーカー」公開を控え、米警察と陸軍は警戒態勢を強化したというニュースが私の下へ入ってきた。
ヒースレジャーの恐るべき怪演は、人を変えてしまう程の狂気が溢れていると共に、純粋にカタルシスとして悪を愉しむアナキストであるキャラクター性は、我々にも正義の一面性や脆さを訴えかけて恐怖を植え付けてくる、光の騎士ハービーデントの墜落は恐ろしいホラーのようだ。
何と比べる訳ではないが、もう到達できない地点まで行き着いている。
正義と悪をナイフを突きつけるかのように提示してくる恐ろしくも目を見張るストーリーは、ヒーロー映画だけではなく、映画史に残る遺産であると強く感じずにはいられない。
ハル

ハルの感想・評価

4.0
おもしろ怖かった!
観る前から聞いていたけど、
ジョーカーの極悪人さよ、、
ティムバートン版バットマン→ジョーカー→ダークナイトという順番で観た。
みんなが言っているとおりヒースレジャーのジョーカーの存在感たるや素晴らしいものだった。
ジョーカーが人気出るのもわかる。
案の定バットマンよりジョーカーの方が目立ってるなと途中まで思っていたが、最後のビル突入から終わりまでのバットマンは最高にカッコよかった。ダークナイトというタイトルの意味もなるほどと思ったが、光の騎士がああも落ちていく様を観るのも辛いものがある。
はる

はるの感想・評価

3.0
ヒース・レジャーのジョーカーが気になって鑑賞。
途中から観たせいで、なんとなくずっとデントがバッドマンだと思っていたので、わけわからなくなりました。
最初から観るって大事。
そんなわけでストーリーはなんとも評価できず。

ジョーカーは大塚芳忠さんの吹き替えも素晴らしくて良かったです。
そしてモーガンフリーマン大好き。
満点付けましたがあくまで3部作全部鑑賞が前提。相乗効果で楽しめシリーズは通して何度も鑑賞。

物語のつながり。
クールなオープニング。
全員と言っていい主要キャストの役所と最高の演技。
ヒースの怪演。
特に最高なのがラスト暗転後の余韻。これはシリーズ共通。

アメコミ映画では無く映画として一級品。
一作品目よりこちらの方が良かった。

常に考えられないアクションやヒーローのカッコよさがそこにあり、何よりジョーカーの動きが可愛すぎる。

敵役のジョーカーが良き。

ジョーカー映画で観てからの今作品だったためジョーカー良きで2。0.5はアクションと言うスコアの付け方をしてしまう。

ストーリーは好みでは無いため、あまり高得点を入れられない。
サ

サの感想・評価

2.7
正直好みじゃなかったから
あんまり楽しめなかった
アメコミとかDCコミックス系は
スパイダーマンとかデッドプールしか見たことがなくて
ジョークを言いながらカッコよく闘うっていう
イメージが強かったから
それに比べたらバットマンは暗くてお固いヒーロー(?)
バットマンになった経緯とかもよく分からないし
何が言いたい映画なのかもよく分からなかったし
2時間半っていうのも長くて2回寝てしまった
爆破シーンとかは迫力あったけど、、、
ただジョーカーは本当に最高だった
いかにもな悪のカリスマ感
白いメイクが落ちてガサガサになってる所とか
髪をぐちゃぐちゃのまま搔き上げる所とか
狂気の眼差しで口の傷について語る所とか
そういう所々の細かい表情だったりで
リアルさを感じて良かった
みぃ

みぃの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

こんなダークでカッコいいの初めてかも!

これは相当練りに練られた脚本ですね。ダークナイトの本当の意味が分かりました。

故ヒースレジャー演じるジョーカー、不適な笑み、目配せひとつ不気味で凄まじい演技に魅了されました。途中から、一応バットマンが主役でいいんだよね…と不安になるぐらい彼に見入ってしまいました。もう完全に憑依しており、残虐で狂ってて恐ろしいのになぜか惹かれるものがある。これぞカリスマ性と呼ばれるものなのかもしれません。素晴らしい。

ストーリーはもちろん悪と正義の戦いですが、これがまた強敵過ぎて全く歯が立ちません。スピーディーに次々と攻撃を仕掛けてきます。ジョーカーの見事な戦略に誰もがのせられ、味方同士にも関わらず自らの護身や疑念を掻き立てられ互いに攻撃し合うよう仕向けたりと心理を操る天才です。敢えて市警に捕まったのも、ハービーの憎しみを生み出しナースコスして忍び込んだのも、全てがシナリオ通り。見事なまでにジョーカーの掌でコロコロ転がされてしまいます。ですが、ここで負けたらヒーローじゃない。バットマンにより再度ジョーカーの確保を成し遂げ、自ら犠牲となりゴッサムシティを守る。なんてカッコいいのでしょうか。

ストーリーも面白いし、爆発シーンも実物の病院を丸々やってるとの事で見応えたっぷりです!本当すごい。ですがやはり見所はジョーカーかな。

主人公顔負けの名悪役の爆誕でした。
OOO

OOOの感想・評価

4.0
ぴえろてかっこいい
>|