ダークナイトの作品情報・感想・評価

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

「たったひとつの悪が、すべてを変えてしまった」

僕にとっての劇場映画体験を永遠に変えてしまった「ダークナイト」、そのテレビ吹替版は予感と余韻を排した編集のジレンマを抱えながら、この媒体をしてかつてなく面白いものが流れた放送界の伝説。
善意でも悪意でも世界に還元されるまでを描くのは最高傑作の条件だが、本作は悪によりもたらされた混沌そのものが主題となっており、観客を投影した名もなき者たちが示す善は世界からの還元。
今もなお超えられない壁として君臨し続けるヒースジョーカーを、日本語で完全再現する大塚芳忠氏が最高なのは言うまでもないが、テレビ仕様の劇伴や効果と相まって壮絶な会話劇として展開した演出に最大限の敬意を表する。

10年経って混沌が現実の悪の象徴足りえなくなった今・・・信じるに足る物語はどこにあるのか。
スズル

スズルの感想・評価

4.2
ジョーカーの演技に全てを持っていかれた。
わか

わかの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

囚人がフェリーの起爆スイッチ取り上げて外に投げ捨てるシーン良い
バットマンだから、見ないという人が多い傾向があるけどこの映画は面白かった。
特に、ジョーカーの完成度が半端なかったです。
OGS

OGSの感想・評価

4.6
1番好きな映画は?という超センスのない質問には、大体ダークナイトって答えてるかも。

1番かどうかなんて測れるわけがないけど、今作を見て以降、アベンジャーズだの、マーベルだの、DCだの全てお遊戯に見えてしまい見なくなってしまった。
それほどまでの金字塔を打ち建てたはず。
chika

chikaの感想・評価

3.8
高校生の時は、王道ヒーローものだと思っていたために本筋を理解できなかったが、ジョーカー前に予習をし、さらにジョーカー後に3度目を観た時は、より強く、救えぬ悪とリアルな正義が描かれていると感じた。

このレビューはネタバレを含みます

ジョーカーの恐怖の定義が妙に説得力があった!

人は予測できる事が起きても恐怖しない、それが悪い事でも起きる事がわかっているのなら。予測できない事が起こるのが恐怖だと。

最後に船を爆破させる罠をジョーカーがしかけたのだが、ジョーカーの予測外の事が起きて、ジョーカーの恐怖というか、動揺が見られたのがすごく印象的だった。

ハービーの正義感は非常に好きだが、神経質すぎる性格ゆえか、恋人の死であそこまでダークサイドに堕ちるのは少しガッカリだった。

コインの表裏で色々決めるのはしっくりこなかった。

個人的には今回はバットマンよりジョーカーの生き方の方が倫理観的に納得できた。
たいら

たいらの感想・評価

4.0
おもしろかった。

昨日ITを見たあとだから、顔だけだと、ジョーカーの方がかわいかった(^_^;)

ジョーカー演じる、ヒースレジャーが28才で本当に亡くなっている。
ほとんどジョーカーが主役みたい。
怪演!だと思った。

ただのアクション映画ではなく、サスペンス、恋愛もはいっててほんとに面白い。

これが第2作目ということで、
残りの作品も観るのが楽しみだ。
0007

0007の感想・評価

5.0
そりゃあ、死ぬ。
彼が死んだことに説得力を持たせてしまう狂気の熱演。
ラスト、タイトルが画面に明示された瞬間の鳥肌たるや。
凪

凪の感想・評価

3.5
ジョーカーの不気味さが最高
>|