ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

ノーランバッドマン三部作第2章。

改めて完成度が異常だなと。
誰しもの心に潜む悪を巧妙に描いた作品。

見所はやはりヒース演じるジョーカー。
本当にこの世にジョーカーが居るのではないかと錯覚する程の異次元な演技だった。

良くも悪くもノーランの他作品とは違ったアプローチの仕方を見せてくれた映画だが、ヒースなしにノーランバッドマンは果たして最高傑作と呼ばれたのだろうか。

それ程に凶悪で、凶暴で、極悪で、美しい演技だった。

僕はこの映画の称賛をヒースに送る。
BeSi

BeSiの感想・評価

4.8
ノーランDay 2日目
「ダークナイト」鑑賞。
シリーズもので2作目が傑作に値するというのも妙な話だが、これは紛れもない傑作。新たな敵としてついに登場する悪のカリスマ、"ジョーカー"。今作は彼に焦点を当てるようにして物語が進んでいく。この「ダークナイト」がアカデミー賞2部門受賞、ゴールデングローブ賞1部門を受賞し、Filmarksユーザーの約12万人が高い評価をして大ヒットを成し遂げたのには有名な病院爆破のシーンといったノーラン色たっぷりの映像技術以外にも、いくつか理由がある。一つは、"秩序"と"無秩序"の対比から明らかになるジョーカーという一人の男の狂気だ。彼は最高の悪役であり、混沌を生み出す悪魔であり、全てを超越したバケモノ。それらを自ら象徴しているとでも言うような、ヒース・レジャー演じるジョーカーの笑う声は狂気の沙汰以外の何物でもない。そして二つ目は、その"無秩序"に立ち向かおうとする者の儚さを描いている点。彼は主にヒーロー映画であるような肉弾戦を繰り広げるのではなく、同じくゴッサムシティに住みつく犯罪者達と同じような手で迎え撃つがゆえ、周りの人間の動きが制限状態になるとともに、バットマンでさえも攻撃を仕掛けにくくなってしまうのだ。ジョーカーのみが持つ"現実的混沌"を生み出す能力。それに"暗黒の騎士"は立ち向かう事が出来るようになるのかが、最終章のポイントである。大いに期待したい。そして最後にもう一度だけ言わせてほしい。これはヒーロー映画の枠を超えた、バットマン史上最高の傑作であるという事を。
ジョーカー…素晴らしすぎる…。
レイチェルがTikTokによく出る映画の感想を言う人に似てる🤭✨
はる

はるの感想・評価

4.5
ゴードンが好きすぎる
というか、ゲイリーオールドマンほんとに好き
いぬ

いぬの感想・評価

5.0
文句なしで星5でしょぃ!!

人間を信じないジョーカーがゴッサム市民を試す船のシーンあれめっちゃ鳥肌立ったんすけど!

爆弾の起爆スイッチを川にしてた黒人のおっちゃんクソかっこよない???

あの人が一番かっこよかったかも笑
モ

モの感想・評価

-
ホアキン・フェニックスのジョーカーもとんでもなかったけど、ヒース・レジャーのジョーカーえげつないな。
ゲイリー・オールドマンが善人役だと安心する
全人類ジョーカー予備軍。
バットポットに乗りたすぎる。
ただのアメコミ映画ではない。

ゼロ年代を代表する大傑作。
演技もさることながら、サントラが影の立役者です。
ジョーカー登場時の不快音、混沌を象徴するようなモチーフ、そして映画史に残るエンドロール

ハンスジマー仕事しすぎ。
>|