ダークナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

ひでみ

ひでみの感想・評価

4.0
久しぶりに観た。やはり面白い。
バッドマン今更ながら面が猫耳で可愛いと思ってしまった

ヒースレジャーカッコ良かった。所作?より、顔の所作?なんて言うんかちょっと分からないけど目が離せなかった…
jokerまだ観てないけど、ダークナイト先に観て良かった

光が闇に変わる
とても観ていて苦しくなった終盤

バッドマンのバイクカッコいいとかカーチェイスの迫力とかモロモロ
映画のソレも声が出てしまうようなワクワク感も存分にあったし


てかこれ何か一回観た気がするんよねぇ…
ちょいちょいシーンに覚えが

なんだろうヒースレジャーにほんまに鷲掴みされとる
観終わった直後での感想というか、この人がもうこの世界にいないって言う事がやっぱり余計にズゥウウウンとくる

光が闇に変わる…かあ…

バッドマンは闇にある光よなぁ…

言葉が出ん笑
Cei

Ceiの感想・評価

3.8
バットマンは優しい。
ジョーカーの、ダークサイド感が男心くすぐるな。
eigajikou

eigajikouの感想・評価

5.0
ヒースに5万点
ゆ

ゆの感想・評価

3.8
ヒーローの概念を180度覆されました
街の平和のために悪役を買って出るバットマン、まさに沈黙の守護者だ…
本当のヒーローって何?正しさって何?悪って何?を真正面から考えさせられる濃厚な話です
laszlo

laszloの感想・評価

3.5
クリストファーノーラン2008年の作品
バットマン3部作の2作目 待ちに待ったジョーカーの登場です
子供向けのコミックと言えば正義の味方はどこまでも強く最後は必ず勝つ 悪い奴はどんなに強かろうと途中で観客をハラハラさせるだけで最後は必ず負ける と言うのが王道のはず ですがこのバットマンは違う 生身の人間でもあり肉体的にも精神的にも意外と脆い 一方ジョーカーには人間の心がない 悪事を働くことに躊躇がないからなんでも出来る そして舞台はバットマンにとってマイホームながらアウェイ感の強いゴッサムシティ 人の心を弄ぶジョーカーにみんなが試されます 今回最後に笑うのはどちら? カッコ良く決めてますが衝撃的な最後でした 早く続きが観たい 映画なのに連続ドラマ感を残して終わるという憎さ 流石にクリス(TENETのパンフみてこんな呼び方を覚えました)です
リアルな映画だった。

悪と正義をかき乱すジョーカーのキャラが自分好み。秩序の真反対にあるようなイカれた存在で、登場人物全てがジョーカーに翻弄されてる感があった。
ヒース・レジャーがとても良い演技。もはや狂人。

ダークヒーローが好きだからバットマンもカッコよかった。しかし、バットマンもこの映画じゃどこか受け身に見えるし、弱みを内包する「人間」って感じで完全無欠のヒーローになりきれない(それが魅力だけど)。それだけジョーカーが尖ってた。

この映画の主人公はジョーカー。

これ新バットマンの二作目らしいけどこれから初めに見ちゃった。
ノーランバッドマン三部作第2章。

改めて完成度が異常だなと。
誰しもの心に潜む悪を巧妙に描いた作品。

見所はやはりヒース演じるジョーカー。
本当にこの世にジョーカーが居るのではないかと錯覚する程の異次元な演技だった。

良くも悪くもノーランの他作品とは違ったアプローチの仕方を見せてくれた映画だが、ヒースなしにノーランバッドマンは果たして最高傑作と呼ばれたのだろうか。

それ程に凶悪で、凶暴で、極悪で、美しい演技だった。

僕はこの映画の称賛をヒースに送る。
BeSi

BeSiの感想・評価

4.8
ノーランDay 2日目
「ダークナイト」鑑賞。
シリーズもので2作目が傑作に値するというのも妙な話だが、これは紛れもない傑作。新たな敵としてついに登場する悪のカリスマ、"ジョーカー"。今作は彼に焦点を当てるようにして物語が進んでいく。この「ダークナイト」がアカデミー賞2部門受賞、ゴールデングローブ賞1部門を受賞し、Filmarksユーザーの約12万人が高い評価をして大ヒットを成し遂げたのには有名な病院爆破のシーンといったノーラン色たっぷりの映像技術以外にも、いくつか理由がある。一つは、"秩序"と"無秩序"の対比から明らかになるジョーカーという一人の男の狂気だ。彼は最高の悪役であり、混沌を生み出す悪魔であり、全てを超越したバケモノ。それらを自ら象徴しているとでも言うような、ヒース・レジャー演じるジョーカーの笑う声は狂気の沙汰以外の何物でもない。そして二つ目は、その"無秩序"に立ち向かおうとする者の儚さを描いている点。彼は主にヒーロー映画であるような肉弾戦を繰り広げるのではなく、同じくゴッサムシティに住みつく犯罪者達と同じような手で迎え撃つがゆえ、周りの人間の動きが制限状態になるとともに、バットマンでさえも攻撃を仕掛けにくくなってしまうのだ。ジョーカーのみが持つ"現実的混沌"を生み出す能力。それに"暗黒の騎士"は立ち向かう事が出来るようになるのかが、最終章のポイントである。大いに期待したい。そして最後にもう一度だけ言わせてほしい。これはヒーロー映画の枠を超えた、バットマン史上最高の傑作であるという事を。
ジョーカー…素晴らしすぎる…。
レイチェルがTikTokによく出る映画の感想を言う人に似てる🤭✨
>|