ダークナイトの作品情報・感想・評価 - 532ページ目

ダークナイト2008年製作の映画)

THE DARK KNIGHT

製作国:

上映時間:152分

ジャンル:

4.2

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

見終わった後に重く暗く、いろんな事を考えさせる映画。
またこの作品といえば悪魔のジョーカーであろう。
ジョーカーのどんどんどんどん世の中をそして人間を侵食していく姿が恐怖の言葉以外ない!
人間は簡単に光から闇へと変わる
強いヒューマンメッセージを残しダークナイト・ライジングへと。
ヒースレジャーには不思議な魅力がありましたねー。
悪と正義の境目って難しいし、考えさせられたけど、ちょっと長いっす。
なつお

なつおの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

二部作くらいに分けてもいいと思えるほど、長くて濃いです。
母曰く、昔のバットマンより重たくなっているらしいです。確かにアメコミなのにこの重さはなかなかない。
正義と悪はコインの裏表とは本当によくいったもので、彼がコインをよく使ったのはその伏線でもあるのかな?と思いました。ルールを貫くバットマン、ルールなんて存在しないジョーカー、どうしようもない2つの特徴をよく表した作品だと思います。おもしろかった。
アメコミ作品を初めてちゃんと見たが、あまり好きじゃ無いかも(笑)

ヒース・レジャーがロバート・ネッパーにみえて仕方がない。

プリズンブレイクのティーバッグやったわ〜
naoki

naokiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ハンス・ジマー、いい作曲。ヒース・レジャー、驚愕の演技。クリスチャン・ベイル、最高。レイチェルの女優がケイティ・ホームズから変わってしまったこと以外に穴がない。
お腹いっぱい過ぎて、
何書けばいいか…笑

ジョーカーには勝てないね。

とにかく、
クリストファー・ノーラン監督が大好きです!
セリフの一つ一つ…
印象に残すシーン。
カッコよすぎます!!!

観ながら拍手しそうになった。笑

このレビューはネタバレを含みます

善と悪が入り乱れ、善が善を攻撃し、悪が悪を恐れる。
得体のしれない悪が跳梁跋扈し、善は己の存在意義を問い逡巡する。

アメコミ原作の作品において、一筋縄ではいかない屈折した世界観が描かれること自体はさほど珍しいことではないけれど、
いやそれでも、いくら有名ヒーローの人気シリーズという保険があるとはいえ、
ヒットが半ば義務づけられているハリウッド製ブロックバスターでここまでやるとはね。

ある人の最期の一言が爆発に飲み込まれて聞こえずじまいなんていうのも容赦ないし、
悪が完全に成敗されることなく、悪に取り込まれてしまった者だけが悲運を辿るというストーリーにも、
下手にカタルシスを与えたり安い涙を誘ったりすまいという作り手の意地が見て取れます。
ドンパチとは別の部分でここまでチャレンジングなことをやってるヒーローもの、今まであったかしらん。

肉弾アクション面においては、
前作に引き続き照明とかカメラワークでごまかされて何やってるかよくわからないところが多いなぁと思ったものの、
その代わり、爆破系や乗り物系のシーンでかなり興奮させてもらいました。
病院爆破、凄まじかったです。

全編を通して、ゴッサムシティ全体がひりひりした空気に覆われているというのか、
肌がぞわぞわするような独特の緊張感が漂っているのがなんだかとても映画っぽくていいなぁと思ったんですけど、
要所要所で静寂がとても効果的に使われてるんですよね。
音もなく映像がビルにぐぐぐーっと近寄っていくと、突然一枚の窓がパリンと割れて何かが始まる、
冒頭のこのワンシーンで既にゾクゾクさせられます。

そしてやっぱり何といってもジョーカーの存在感。
プロの役者なんだから当然といえば当然なんだけど、あんなに人のよさそうな顔のヒース・レジャーがあそこまで悪人顔になるとは。
ぐちゃぐちゃメイクがそう見せてるだけ?
いやいや、一瞬だけ素顔が見えるジョーカーメイクなしのシーン、表情だけでぞっとしました。
レクター博士ら錚々たる面々が名を連ねる、映画史における「悪」の系譜に、若くして大きな足跡を残したであろうその演技に感服。
出だしからとても面白くて引き込まれジョーカーの怖さ不気味さもとてもインパクトがありバットマンはとてもカッコいいという全てがよかったです。
セリフもカッコいいのが多く鳥肌が立ちました!
あれ、なぜか毛嫌いして観なかったけどとてつもなく面白かった。軸があるヒーローって男を感じる。素敵。
こんなにもおもしろい映画がまだあったのかと衝撃を受けた。始まり方からもうおもしろくて、ずっとみてられる。ただのヒーロー映画でなくて人間味があってドラマ性があるところがいい。そしてキャラクターが素晴らしい。ジョーカーは歴史に残る悪役だと思う。それを演じたヒースレジャーは素晴らしい。亡くなったのが残念すぎる。数々の名言もあって本当に魅力的な役柄。ハービーデントも正義から悪に落ちてしまうのがうまく描かれている。これを超えるものは果たしてこれから出てくるのか。