エリオット

黄金の腕のエリオットのレビュー・感想・評価

黄金の腕(1955年製作の映画)
4.2
エルマー・バーンスタイン作曲のテーマが有名なオットー・プレミンジャー監督作品。

以下、若干ネタバレ気味…
“黄金の腕”と呼ばれる凄腕カードディーラーのフランキー(フランク・シナトラ)が薬物中毒から立ち直ろうとするが、交通事故で車椅子で生活するしかない妻(エレノア・パーカー)を抱え、現実は思うようには上手くいかず、ついにはまた薬に手を出してしまい…とういう話。

まずソール・バスのタイトルクレジットからかっこいい。
ときどき入る長回し的なシーンでカメラが部屋の中を行ったり来たりする撮影も見事で、薬を我慢しきれなくなった主人公が酒場からその向かいの売人の部屋に消えていくシーンなど印象的なシーンも多い。

薬物中毒の男をリアルに演じるシナトラはもちろん演技賞ものだが、妻を演じるエレノア・パーカーも粘着質で嫌な感じをよく出していた。また、イメージとしてはセクシー系な役が多いキム・ノヴァクが本作では主人公が薬物中毒から抜け出すのに協力する良い元カノを演じていて、シナトラと2人で真っ当な生活を夢見てウィンドウショッピングしている場面などは観ていて結構切なかった。