Qちゃん

黄金の腕のQちゃんのレビュー・感想・評価

黄金の腕(1955年製作の映画)
2.0
『死ぬまでに観たい映画1001本』(改訂版)に選ばれていて、オットー・プレミンジャー監督作品だったら、面白いのではないか?…と思って観たら、なんか冴えない映画だった。

ヤク中刑務所から出所したフランキー(フランク・シナトラ)は「黄金の腕」と呼ばれるカードさばき技量を持っていたが、トランプ賭博の世界でヤク中になったらしく、「出所したからには、俺は堅気になるんだ!もうトランプ賭博はしない!」と宣言するものの、ヤク中は完全に治っておらず手が震える。そんな彼には、彼が怪我をさせて車椅子生活させている女性(エレノア・パーカー)と、彼を慕っているバー勤めの女性(キム・ノヴァク)が居て、二人とも美人なのに、彼は二人に対して誠意が感じられない振舞い。「何?この男?」と思ってしまうので、まったく彼の行動に感情移入できず…。

また、フランキーなる男の麻薬中毒患者としてのたうち回る姿や暴れる姿が結構描かれているので、観ていて楽しくない。

キム・ノヴァクは、ヒッチコック『めまい』出演のちょっと前にこの作品に出演しているが、あの髪型に近いものがあるのはおもしろい。ただ、この作品はモノクロなので、彼女の金髪が映えるという場面はほとんど無い感じ。