つみきのいえの作品情報・感想・評価

つみきのいえ2008年製作の映画)

LA MAISON EN PETITS CUBES

製作国:

上映時間:12分

ジャンル:

3.9

「つみきのいえ」に投稿された感想・評価

SASHIMI

SASHIMIの感想・評価

3.7
ほっこりする。
部屋が積み重なって層になることでおじいさんの人生が可視化される。家の一番下まで来て、おじいさんが上を見上げた場面にグッときた。
にこ

にこの感想・評価

3.8
音楽もとても良い。
絵のタッチや雰囲気が好き。
セリフなしのアニメーション。


音楽も素敵。
なおと

なおとの感想・評価

4.0
人生は、積み木。
『幼少期と癒し』

短編でアニメーションのテイストが、どこか美術館にピッタリな感じがした。

まずインパクトをうけたのは、音楽。
素敵すぎる。
音楽をきいていて、自分の幼少期が蘇ってくる。
懐かしいいかんじ。
忘れていた記憶が蘇る。
静かに蘇る。

また自分の痛々しい過去さえも、包み込んでくれるような感じ。

短編という短い時間の中で。
不思議。

言葉。
このアニメーションや音楽がきっとこの短編作品の

コトバなのである。
男は、成長して結婚して家庭を持つ間に、とんでもない偉業を成し遂げた気になってしまう生き物だが、実は自分の過去をなぞっているに過ぎない。優雅に釣りを楽しんでいる気でいるが、実は自分が誰かに釣られているのだ。
じんわり心温まる映画

あたたかいタッチの絵が素敵…

ひとりのおじいさんからはじまり、
落としたパイプを拾う為に下へ下へ潜って行くと
そこには家族の想い出があった

人生を積み上げていったんだなぁ

今はひとりでも
振り返ると家族がいて妻がいて…

寂しさと温かさを感じる
kwr

kwrの感想・評価

2.0
なんか…イマイチ……
rm

rmの感想・評価

5.0
ナレーションなし→ありで2度鑑賞。

タイトルに納得というか"積む"という言葉で人生を表現してるのがいいなと思った。あたたかさとちょっと切ない気持ちと…あと絵の雰囲気とかいろいろひっくるめて人に勧めたくなる作品。
>|