ハッシュ!の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「ハッシュ!」に投稿された感想・評価

これが2001年なのか〜
一瞬薬師あいロードが出てきた
KnI

KnIの感想・評価

3.5
21世紀の様々な家族の形。
多様性や個性を叫ばれる昨今、理想を追い求めるのは当然と言える。
他人がどう思うかなんて、しきたりなんてクソ食らえ。互いが同じ方向を向けてさえいれば、それでいいのだ。
橋口監督作で一番好きです。
霖雨

霖雨の感想・評価

2.6
ゲイカップルと子どもの欲しい女性がいて、みんなで協力して子育てする関係みたいなんは人それぞれやし良いと思う

が、ずるずるとやることやって2回も堕ろした過去があって、その上であんな台詞吐いてるのはなんか無理。
Konaka

Konakaの感想・評価

3.7
うわー何この生活!って感じの映画!
自分の人生がどれだけ多くの人の人生と交わるんだろうって考えると目回りそうになるな

カメラワークが優しくてよかった
4

4の感想・評価

-
3人の絶妙なバランス。
とにかく3人がいいんです。ゲイカップルという同列に並ぶ2人の間に子供が欲しい女性がいるバランスの絶妙さ。3人でとるバランスが本当に綺麗だった。
省略するようにして結論的なシーンをあえて映さずに展開させる描き方は想像力を掻き立て、観ている人を引き寄せる力があった。描かないのが正解に思えるような丁度良さがすごく上手かった。映さなくても観客に任せれば物語は展開していくんだな。
長回しのシーンは完全に引き込まれてしまった。ただ長回しをしているだけでなく、画面の中に綺麗に収まった人の構図が素晴らしい。あの構図だからカメラを動かさずに長回しができ、素晴らしい没入感を味わえる。
会話の自然な雰囲気も、キャラクターの描写も良かった。言葉も印象に残るようなものが多かった。特に「これが俺なんだもん」は好きだった。変わりたくても変われないことはあるよな。
音楽もすごく良くて、完全にこの映画の世界にはまっていた。
この映画全体が好きです。
多作ではないからこそ作品に時代の空気が詰まっており、最新作をリアルタイムで追いかけたい監督の一人。
18年前の作品を今見て偏見の多い古臭い描き方だと思えるほど、時と共にLGBTやマイノリティの多様性が広まったことを逆説的に証明してる。
役者の演技は皆素晴らしい。今回見た中では、サバサバ系の片岡礼子とあざとい系女子のつぐみが初対面で飯を食うシーンが印象に残る。
アパートの一室に両家族が揃ってぶつかる場面は、強度があっていつの時代も普遍的な家族のあり方を問うていて素晴らしいシーン。
当たり前だけど人生良いこともあれば悪いこともある。悲しいときにきちんと泣ける大人って素敵だと思う。
ちなみに橋口監督の2015年の作品『恋人たち』はマイオールタイムベストのうちの一つ。
asachan

asachanの感想・評価

2.5
私も諦めたくないよ。人生。