あびる

ざくろの色のあびるのレビュー・感想・評価

ざくろの色(1971年製作の映画)
-
もはや動く絵画
言葉ではなく、徹底的に映像で語る
ひとつの映画のありかただと思う。

ただストーリーがあってないようなものなので、僕みたいに芸術に理解がない者は飽きることになる