ざくろの色の作品情報・感想・評価

ざくろの色1971年製作の映画)

THE COLOR OF POMEGRANATES

製作国:

上映時間:73分

ジャンル:

4.0

「ざくろの色」に投稿された感想・評価

この映画で重要なのは物語ではなく、画面いっぱいに表現される芸術。世界観に吸い込まれた。
Cem

Cemの感想・評価

2.0
ほぼセリフなしの芸術映画、ストーリーもよく分かりませんw

少年が可愛い!!!しか感想がない
15分で飽きた、印象に残るシーンもない
映像美!と言われても、これ以上の作品は今の時代沢山あると思うので特に何も感じられなかった

同じような芸術映画ならジャン・ローランのレクイエムのが断然好き★
しゅう

しゅうの感想・評価

4.5
学校の先生からめちゃ勧められて観た作品。
視覚面は超強いけど話がおもんなかったわ。
ゆぅま

ゆぅまの感想・評価

4.0
詩人サヤト・ノヴァの生涯、悲恋から始まった救済への旅という内的世界を寓話的かつ幻想的な映像という絵画の連続性を通し語り紡ぐ美しき神秘性を纏いし芸術という詩。真の意味において“映像の魔術師”はフェリーニやO.ウェルズではなくパラジャーノフにこそ冠するべきであろう、、。
McQ

McQの感想・評価

-
スコセッシ監督復元によるアルメニアバージョン。シーンの差替えや未公開映像が追加されてるとの事だが、どうせなら15分ぐらいの短編にしてもらえたら丁度良さそう。

確かに視覚的な見応えはあったけど、こぞって絶賛されるような作品なのか?少々違和感、、18世紀アルメニアの宮廷詩人サヤト・ノヴァの生涯と言われても正直なところピンとこない。これは何を伝えたいのだろう。評価されてる方々の感性がまじで羨ましい、、結局のところこの〝絵面〟が好みかどうかになってしまうと思うが、ビジュアルだけなら、カレル・ゼマンやローランド・ポールの作品を2時間見せられた方が個人的には楽しめそう。
Moeka

Moekaの感想・評価

4.2
神秘的な様式美、独創的な色彩の濁流、映像の魔力を信じ切った怪作と決まり切ったような感想しか出てこない、えげつない映画。どんな考察や感想を読むよりもまず観てほしい。アルメニアという国は一体どこでロシアとの関わりは何なのか、彼らの家とはとアメリカに留学してからよく思う。この映画はその答えでは無いけどアルメニア詩人の精神の一端を見ることができてよかった。
こういう映画がやっぱり好きです。
素晴らしい瞬間のある映画は数あれど
全ての時間が素晴らしい映画はこの作品だけしか自分は出会っていない。

70分フルに独創。
見たことのない組み合わせの画と、非日常的な所作。

狂気に触れてなければ創れない、
理解や共感などという物が存在しない動画が安々と並べられている。

面白い。
>|