青二歳

白昼堂々の青二歳のネタバレレビュー・内容・結末

白昼堂々(1968年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

野村芳太郎の渥美清の使い方好き。壮大な泥棒コメディ。おきゃん倍賞千恵子の気風の良さ、老刑事有島一郎の実直野暮天ぶり、泥棒組合の個性的な面々、魅せてくれます。
廃坑で"泥棒組合"を治めるワタ勝。かつての炭鉱労働者たちのまぁ賑々しくもたくましい泥棒組合の面々。アイゴーと嘆く通称"上海"がいたり国際色まで豊かです。いよいよ行き詰まる"泥棒組合"のみんなのために!一念発起して集団万引きへシフトだ!

協力に浅草松屋。組合員みんなで全国津々浦々百貨店での万引きに職替え。そこで出会った優秀(?)な美女倍賞千恵子。渥美清と倍賞千恵子のラブコメがかわいいオチ。キレイな脚線美を披露してくれたり。スタイルいいなぁ。ちょい役の悪徳弁護士フランキー堺もナイス。