光一

宇宙兄弟の光一のレビュー・感想・評価

宇宙兄弟(2012年製作の映画)
3.6
良いストーリーだった!宇宙に夢見る兄弟のお話!

「幼少期(回想)」と「現在」がいまいち合ってない作品って多いけど、この映画は子役側が小栗岡田に寄せてるように見えるし、小栗岡田が子役側に寄せてるように見えるし、とてもリンクしていて物語がスッと入ってきました。

超有名宇宙飛行士の本人がサラッと出てくる点も、最高のキャスティングでした。

とりあえず原作まだ続いているのに、その先の展開を勝手に描いているラスト。原作者に失礼だし、森義隆さんは「完全アウトな監督リスト」に今回入りました。

ストーリー点4
監督点1
役者点5
映像音楽点4
印象点3
エモーショナル点4
追加点0.1
総合点3.6

ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1〜0.2点加算